「ナイトライト」機能がChrome OSのDev チャンネルに登場

Androidの最新バージョンにおいて、ディスプレイを赤色にする「ナイトライト」モードを提供している。

Googleはこの同じ機能をChrome OSに搭載するように動いているようだが、現在Dev チャンネルにて公開されている。

Chrome OSのナイトライトモードでは、Chromebookのディスプレイを赤色(青色の光を消す)にすることができる。

特定の時間帯に機能をオンにすることができるAndroidバージョンとは異なり、Chrome OSではユーザーが色合いを手動で調整し、色が変わる時間をスケジュールすることができまる。

今いる場所の日没時間に基づいてナイトライトを有効にするか、機能のオン/オフを手動でカスタマイズするかを選択することができる。

この機能を試してみるには、最新のDevビルドを使用するか、ChromebookをDevチャンネルに切り替える必要がある。

Chrome OSのチャンネルを変更する方法はこちら

via 9to5google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。