-Appleニュース

iPhone XSには、撮影後の画像の被写界深度を調整できるボケと深さのコントロールがサポートされています。レポートによると、アップルはすぐにユーザーが画像を撮る際に被写界深度を調整できるようにする予定だと説明している。

この機能はiOS 12.1 beta 1で利用可能です。

現在、被写界深度の制御は、ポートレートモードの画像が撮影された後にのみサポートされます。つまり、写真を撮ってから「編集」ボタンをタップして深みを調整する必要があります。

iOS 12.1により、ユーザーは画像を撮影しながら被写界深度を直接制御することができます。つまり、ショットをキャプチャしている最中にスライダが表示され、深度コントロールツールにアクセスできるようになります。

アップルが語ったように、深度コントロールは、今後写真を撮るときに直接操作できるようになるだろう。将来のiOSアップデートでは、スライダをカメラアプリに直接取り込むことができるので、肖像画を撮影するときに直接被写界深度を調整することができます。

どのiOSのアップデートで変更があるのかは明らかになっていませんが、 iOS 12.xのアップデートは今年後半にリリースされる予定だという。

この機能により、ユーザーは写真の結果をより詳細に制御できるようになります。さまざまなレベルの深度が結果にどのように影響するかを確認するために写真自体を調整することができます。 iPhone XSの深度コントロールは素晴らしい機能です。実際に画像を撮っている間に調整のサポートを追加すると、ユーザの操作感が向上します。

この機能は今年の後半にiOS 12アップデートの一部として、ベータユーザーだけでなく誰でもが利用できるようになります

コメント投稿

-Appleニュース

Copyright© スマライフ・インフォ , 2018 AllRights Reserved.