インドで3メートルの深さの井戸に落ちたゾウ助かる

インドで野生の象が、ガンガヴァラムマンダルのガンジーナガル村の倒壊した農場の井戸から3時間の長時間の作業の結果、救出されました。

5頭のゾウの群れが2週間から作物を襲撃してガンガバラムマンダル地区の中を徘徊していると報告があり、群れが野原に入ると、オスの大人の象が放棄された約3メートルの深い井戸に落ちてしまいました。

真夜中から早朝まで、井戸におちてしまったゾウは救助を呼ぶために鳴き続けましたが、群れの他の象たちは村人を見て近くの小丘に逃げてしまっていました。

森林局職員は、井戸に閉じ込められた象が発見されたガンジーナガル村に急行し、救助を開始したといいます。

当局は、土工機械を使用して井戸の壁の1つを掘り起こし、厚皮用の斜面を建設するスペースを作成。

救助活動が始まってから約3時間後、象は井戸から抜けることができました。 当局によると、象は重傷を負ったようには見えず、ゾウの群れに再び加わったと報告しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。