-スマホスペック・評価まとめ
-

⇛スマートフォンスペック別 検索はこちら

コヴィア g07++ のスペック概要

コヴィア g07++ のスペックは、ディスプレイが5.5型ディスプレイ(1920×1080px)、「MT6750T」8コアプロセッサー、4GBメモリー、64G内蔵ディスク、3000mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 7」をプリインストールしている。

コヴィア g07++ のカメラの画素数は、リアカメラ:1600万画素、フロントカメラ:1300万画素を搭載している。

カラーは、シャイニングブルー 、マットブラック 、シルバーの3色が用意されている。

その他機能としては、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、Bluetooth4.1機能、指紋認証センサを搭載。

コヴィア g07++の特長

コヴィア g07++は、「コヴィア g07+」の後継機種で、コヴィア g07+と比較してメモリや内蔵ディスク、カメラ性能などが向上している。

スペックは向上しているが、価格は据え置きの19,800円とかなり手が届きやすい価格となっている。

今回の最大の特長は、海外スマホでは当たり前になってきているデュアルSIMデュアルスタンバイ機能を搭載していること。

これで用途によってSIMを使い分けて通信料を抑えることができるようになった。

5.5インチの大型液晶Full HD LTPS(低温ポリシリコン)液晶を採用しており、コヴィア g07+のIGZOパネルよりも高性能な液晶パネルとなっている。

auの3G回線通信方式CDMA2000 BC(800)/BC6(2000)に対応している。

 

コヴィア g07++の注意点

コヴィア g07++はデュアルSIMデュアルスタンバイだが、SIMカードスロットのnano SIMスロットはSDカードと兼用になっている。

つまりSIMを2枚挿入している状態でSDカードは使用できない。

また防水・防塵機能やNFCなどの機能は搭載されていない。

 

 

コヴィア g07++ の各キャリアLTE・3G対応一覧

コヴィア g07++ のLTE周波数対応は、 1, 3, 8, 19 bandに対応しており、docomo、au、softbank、Y!mobileに対応。

プラチナバンドは、docomo、softbankに対応。

詳しいLTE対応スペックは、こちらのスペック表参照

コヴィア g07++ の3G周波数対応は、 公開されていないため不明。

詳しい3G対応スペックは、こちらのスペック表参照

山間部などのLTE範囲外の地区では、3Gの800MHz(Band6)帯では「FOMAプラスエリア」に対応していることが必要だが、3Gの800MHz(Band6)帯 に対応しているか不明。

LTE・3G周波数一覧表。ドコモ、au、ソフトバンクなどの使用Bandをまとめてみた。

コヴィア g07++ の動作確認済みSIM・価格比較

動作確認
一括払い 19800円
24回払い 750円/月
動作確認
一括払い 19800円
24回払い 750円/月

コヴィア g07++ イメージ

コヴィア g07++のスペック一覧

基本仕様

機種名 g07++
メーカー名 コヴィア
小売希望価格 19800円
発売日 2017/12/04
OS Android 7
本体サイズ(幅x高さx厚み) 75.6 x 152 x 7.9 mm
本体の重さ 150 g
CPU MT6750T
CPUコア数 8コア
ディスプレイサイズ 5.5インチ
ディスプレイ解像度 1920 x 1080
メモリ(RAM) 4G
ストレージ(ROM) 64G
バッテリー容量(mAh) 3000mAh
カラーバリエーション シャイニングブルー
マットブラック
シルバー

カメラ性能

背面カメラ画素数 1600万画素
背面カメラ2画素数
前面カメラ画素数 1300万画素
前面カメラ2画素数
4K撮影対応(ビデオキャプチャ)
手ブレ補正

ネットワーク

Wi-Fi IEEE802.11 a, IEEE802.11 b, IEEE802.11 g, IEEE802.11 n
対応周波数(バンド) 4G LTE 1, 3, 8, 19
対応周波数(バンド) GSM/GPRS/EDGE 850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz
対応周波数(バンド) W-CDMA 1, 6, 8
SIMスロット数 2
SIMカードタイプ micro SIM, nano SIM
最大microSD カード容量 128G
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)(4G+3G)

その他機能

NFC対応(Near Field Communication)
GPSタイプ GPS, A-GPS, GLONASS
Bluetoothバージョン 4.1
加速度センサ
ジャイロスコープセンサ
近接センサ
光センサ
指紋認証センサ
その他センサ
USB接続ポート USB Type-C
耐水・防水機能
HDMI端子対応
フルセグ対応
ワンセグ対応
MHL対応(TVやディスプレイに出力可能か)
ハイレゾ対応(ハイレゾオーディオ)
おサイフケータイ/FeliCa対応
メーカー仕様URL http://www.fleaz-mobile.com/g07plusplus/

コヴィア g07++の各キャリアLTE・3G対応一覧

キャリア対応一覧表(LTE)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank UQ Ymobile WCP
1 2.1GHz -
3 1.7/1.8GHz -
8 900MHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
21 1.5GHz -  ○
26 800MHz -  ○
28 700MHz -  ○  ○
41 800MHz -  ○  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。*Band19はdocomo LTEプラチナバンドで、Band18とBand26はau LTEプラチナバンド、Band8はsoftbank LTEプラチナバンド

キャリア対応一覧表(3G)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank Ymobile
1 2.1GHz -
6 800MHz -
8 900MHz -
9 1.7GHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。 *800MHz(Band6とBand19)、はFOMAプラスエリア、900MHz(Band8)はsoftbank プラチナバンド。

レビュー投稿


コメント投稿

-スマホスペック・評価まとめ
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.