-スマホスペック・評価まとめ
-

⇛スマートフォンスペック別 検索はこちら

Sharp RoBoHoN SR-01M-W のスペック概要

Sharp RoBoHoN SR-01M-W のスペックは、ディスプレイが2型ディスプレイ(1280×720px)、「SnapdragonTM 400」4コアプロセッサー、2GBメモリー、16G内蔵ディスク、1700mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 5」をプリインストールしている。

カラーは、ブラックの1色が用意されている。

その他機能としては、ジャイロスコープセンサ、Bluetooth4機能、ジャイロスコープセンサ、磁気センサーを搭載。

シャープ RoBoHoN SR-01M-W特長・いいところ

シャープ RoBoHoN SR-01M-Wのメリットを考える上で、まずこれを携帯としてみてはいけない部分から入らないといけない。これは、携帯ではなくあくまでロボット。

シャープ RoBoHoN SR-01M-Wは、家に帰り携帯と連動して喋ってくれたり携帯の中にある画像などロボホンがプロジェクターで映してくれたりする。これが最大のメリット。

さみしい時や、大勢などで思い出に浸れたり、ダンスや会話もしてくれる。シャープ RoBoHoN SR-01M-Wは携帯と連動なので、電話として会話も可能。

使い勝手としては、ロボットの形をしたペットや相棒としてみる方がメリットが多い。

シャープ RoBoHoN SR-01M-Wの残念なところ

シャープ RoBoHoN SR-01M-Wは、デメリットとして考えると、携帯としての最低限の部分が抜けてるところ。

例えば、防水も生活防水すら記載がないので、少々水などは、危険。

シャープ RoBoHoN SR-01M-Wは、ロボットなので背面カメラなども付いてないのでできれば、携帯としての機能は最低限つけて欲しい部分。

SDカードも対応してないのでそこもかなりデメリットかと思われる。

シャープ RoBoHoN SR-01M-Wは携帯としてみたらいいのか単体のペットとしてみたらいいのか少々中途半端な部分も多々ある。そこが最大のデメリット。

コメント投稿

-スマホスペック・評価まとめ
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.