-スマホ比較
-

格安SIMのスマモバは、ワイモバイル回線を使用したプラン「スマモバ(Y)」の提供を開始したと発表した。

ワイモバイル回線はソフトバンク回線を使用しているので、実質ソフトバンク回線の利用となる模様。

「スマモバ(Y)」はワイモバイル回線を使用した音声通話付きのSIM単体プラン。

通常月額100円のスマモバメールが無料で利用できる他、10分以内の通話であれば通話料金もかからない。

また、「スマモバ(Y)」の提供開始に伴い、2018年8月末日までに新規契約した場合、データ容量をそれぞれ2倍にするキャンペーンを実施。

スマモバ(Y)プランについて

スマモバ(Y)プラン内容

ワイモバイル回線を利用したサービスで通常月額100円のスマモバメールが無料で利用でき、10分以内の通話であれば通話料金もかからない。

スマモバ(Y)プラン料金

音声通話付きプラン 月額料金 データ容量 通話料金 SMS送信
スマモバ(Y)
プランS
2,980円 1GB → 2GB 10分超過時
20円/30秒
国内送信/3円
海外送信/100円(非課税
スマモバ(Y)
プランM
3,980円  3GB → 6GB 10分超過時
20円/30秒
国内送信/3円
海外送信/100円(非課税

スマモバ(Y)プラン注意点

10分を超える通話は20円/30秒の通話料がかかる。

着信転送サービスへの通話料、番号案内サービス「104」の通話・案内料、テレドーム(0180から始まる番号)、ナビダイヤル等(0570から始まる番号)、留守番電話メッセージ録音/再生料、その他当社が指定する電話番号は無料通話の対象外。

スマモバ(Y)は、スマート通話定額プレミアム対象外。

スマートコールは利用できない。

スマモバメールの利用には、別途申し込みが必要。

SIM単体プランのみの契約となるため、端末の購入ができない。

新規契約のみ受付しており、MNP転入は行えない。

契約後のプラン変更やSIMサイズ変更はできない。

月間の利用データ通信量が規定のデータ通信量を超過した場合、当月末日まで通信速度が送受信最大128kbpsになる。

当月利用のデータ通信量が速度制限の基準に達した場合、通信料の追加チャージはできない。

スマモバ(Y)リリース データ増量キャンペーン

キャンペーン特典

データ容量をそれぞれ2倍になる

音声通話付きプラン 月額料金 データ容量
スマモバ(Y) プランS 2,980円 1GB → 2GB
スマモバ(Y) プランM 3,980円  3GB → 6GB

キャンペーン対象者

新規で「スマモバ(Y)」プランを契約した方

キャンペーン期間

2017年5月2日〜2018年8月末

キャンペーンの注意点

データ増量がいつまで継続するかは明記されていない

コメント投稿

-スマホ比較
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.