-スマホ比較
-

ブルームバーグによると、ハリウッド最大手のスタジオが、劇場公開してから数週間後に映画のデジタルレンタルを提供する計画を進めているとしている。

ユニバーサルピクチャーズとワーナーブラザーズはAppleやComcastのようなディストリビューターと話し合いを続けている。

アップルとの契約は来年早々に締結されると見られ、iTunesは50ドルで劇場公開から17日後、30ドルで4〜6週間後の映画供給を行う予定としている。

主要映画の劇場版とDVD販売の期間、現在の平均3か月よりも大幅に短くなるが、視聴者には8ドルまたは9ドルの映画チケット以上の費用がかかることになる。

調査会社The Digital Entertainment Groupによると、プレミアム・ビデオ・オン・デマンド(PVOD)製品の収益は、DVD販売の継続的な減少を相殺するのに役立ち、2017年前半には10%減にとどまっているとしている。

Disneyは、Netflixから映画を削除させ、2019年までに独自のストリーミングサービスを開始する予定で、PVODの会合には興味がないと言われている。

昨年12月には、21st Century Fox、ユニバーサルピクチャーズ、ワーナーブラザーズが25〜50ドルのプレミアムムービーを作成する契約をアップルと行っている。

via macrumors

コメント投稿

-スマホ比較
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.