-スマホ比較
-,

プロトタイプのiOS 11の機能紹介する2本の動画が発見された。

動画は5月に作成されており、まだ実装されていない廃棄されたiOS 11のiPhone機能も映し出されている

最初の13秒で、ロック画面が表示される。ロック画面の実装は現在のiOS 11の実装と似ていますが、若干の変更点がある。

右にスワイプするとコントロールセンターが表示される。 現在のiOS 11では、右のスワイプでカメラが立ち上がり、コントロールセンターは起動しない。

2本目の動画は、App Switcherのさまざまな実装を示している。ホームボタンをダブルタップするのではなく、ホーム画面で上にスワイプすることでApp Switcherにアクセスする。

現在のバージョンのiOS 11では、ホーム画面上のスワイプでコントロールセンターが表示され、App Switcherは表示されない。動画はApp SwitcherがiPadで動作する仕組みを想定される。iPadでは、ホーム画面の上向きスワイプでドックを表示し、長いスワイプではコントロールセンターにアクセスできるようになる。

AppleがもともとiPhone上でiPad App Switcherの機能を模倣しようと考えていた可能性はあるが、後でもっと親しみやすいジェスチャーにしようとしたのかもしれない。 しかし、iPhone 8がリリースされてからiOS 11がどのように動作するのか、動画で確認することができる。

iOS 11がどのような機能をiPhone 8で使用されるのかは9月に新iPhoneの発表を待つしかない。

via macrumors

コメント投稿

-スマホ比較
-,

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.