京セラ DIGNO F の特長・価格比較・スペック・注意点まとめ

京セラ DIGNO F の特長

 

京セラ DIGNO F は、前機種のDIGNOU同様、耐水、防塵、耐衝撃がアピールポイントのスマートフォンになっている。

耐水性はIPX5/IPX7に準拠し、ある程度の水による事故は回避できるレベル。

防塵もIP5Xとなっており、野外でほこりまみれになった、等があっても大きく不安を感じる必要はなさそう。

耐衝撃は米国国防総省の調達基準MIL-STD-810Gの耐落下衝撃規格に準拠しており、ポケットから落とした、などのときも安心できる。

京セラ DIGNO F の注意点

京セラ DIGNO F の注意点は、アウトドアに強い反面、街中での利用に向けた作りとなっていないように思われる。

おサイフケータイ・ワンセグも非対応です。

また、内部ROMの容量は8GBとそれほど大きくないことも注意が必要。アプリ、写真、動画などを内部ROMでやりくりする場合は計画的に行う必要がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。