京セラ HONEY BEE 201K の特長・価格比較・スペック・注意点まとめ

京セラ HONEY BEE 201K の特長

京セラ HONEY BEE 201K は、おサイフケータイ・防水・赤外線・プラチナバンド・ワンセグ・電池2000mAhのフルスペック搭載している。

そして、CPUとのメモリのパフォーマンスも、非常に完成度の高い機種。

アウトカメラだけじゃなく、インカメラにも力を入れており、インライト機能も搭載。

手軽に使いやすさを追求したことから、ハードキーも備わっており、ワンタッチでよく使う機能へ簡単に移行することができる。

キャッチフレーズに女子高生にぴったりと使っているだけの操作性・コストパフォーマンス・機能性がある。

 

京セラ HONEY BEE 201K の注意点

京セラ HONEY BEE 201Kは、解像度からすると弱いと言わざるをえないため高画質が好きな方には向かないかもしれない。

標準の入力ソフトも搭載されているが反応が遅く、GOOGLE日本語入力に劣ると言われている。

アンテナ面では、WIFIの電波受信が弱いのも欠点のひとつ。

文字入力は、画面が少し小さいのもあり、フリック時に、押し間違いなども見受けられる。

外観については、見た目がプラスティックのような為、金属ボディのような高級感はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。