-スマホスペック・評価まとめ

⇛スマートフォンスペック別 検索はこちら

富士通 arrows M02 のスペック概要

富士通 arrows M02 のスペックは、ディスプレイが5型ディスプレイ(1280×720px)、「MSM8916」4コアプロセッサー、2GBメモリー、16G内蔵ディスク、2300mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 5.1」をプリインストールしている。

富士通 arrows M02 のカメラの画素数は、リアカメラ:810万画素、フロントカメラ:240万画素を搭載している。

カラーは、ホワイト 、ブラック 、ピンク 、ゴールド 、ロイヤルブルーの5色が用意されている。

その他機能としては、Bluetooth4.1機能、おサイフケータイ機能を搭載。

富士通 arrows M02 の特長

富士通 arrows M02 は、5インチディスプレイに3日持つバッテリーを搭載した防水(IPX5/IPX8)・防塵(IP6X)に対応しているスマホ。

arrows M02_00000

 

ディスプレイは有機ELディスプレイを採用

色再現性はNTSC比100%超の鮮やかで美しい色調。液晶ディスプレイでは不可能だった色彩を実現し、より実物に近い表現を可能にしました。

高コントラストと広い視野で高い視認性を実現。明るい、暗いのメリハリがより強調できます。

液晶ディスプレイと比べて応答速度が速いので動きの速い動画もブレずに表示できます。

 

富士通独自の画像処理エンジン「GRANVU(グランビュー)」

富士通独自の画像処理エンジン「GRANVU(グランビュー)」と「パーフェクトチューニング」を搭載し、静止画も動画も人物、食べ物や夜景など、どんなシーンも最適な色味に自動調整。

誰でもベストショットが残すことができる

arrows M02_00006

2330mAhバッテリー&省電力機能

アプリごとにCPUの動作を最適化するなど、富士通独自の「ヒューマンセントリックエンジン」が省電力を徹底された設計になっている

 

パスワードマネージャー連携

ショッピングサイトやSNSなどのIDやパスワード入力は、あらかじめID・パスワードを登録しておけばパターンを認証させるだけで呼び出し入力が可能。

arrows M02_00004

ウルトラタフガード

キズや指紋もつきにくい耐摩耗性に優れたフッ素系ハードコーティングとCorning Gorilla Glass 3を採用。

arrows M02_00003

画面のフチをわずかに高くすることで、落としても画面が地面にあたりにくく、割れやキズを防止。

また、太陽光照射、塩水、高温など米国国防総省の調達基準14項目(落下、浸漬、粉塵、塩水噴霧、湿度、太陽光照射、振動、風雨、高温動作(60℃固定)、高温保管(70℃固定)、低温動作(-20℃固定)、低温保管(-30℃固定)、低圧保管、低圧動作)の厳しい試験をクリアしている。

arrows M02_00002

 

防水(IPX5/IPX8)・防塵(IP6X)

耐衝撃だけでなく、防水(IPX5/IPX8)・防塵(IP6X)にも対応。お風呂やキッチンでも気軽に使うことができる。

 

富士通 arrows M02 の注意点

ゴールドは楽天モバイル限定カラーで、ロイヤルブルーはJCOM限定カラー、ピンクはマイネオ限定カラーとなっている。

公式サイトには周波数記載のみのため、対応バンドが不明。

また搭載センサーも未記載のため、ジャイロセンサーが搭載されているかも不明。

 

富士通 arrows M02 のソフトウェアアップデート方法

「メニューアイコン」⇒「設定」⇒「端末管理」⇒「端末情報」⇒「ソフトウェアアップデート」⇒「ソフトウェアアップデート」

もしくは

通知画面から「ソフトウェアアップデート」をタップして操作を行う。

ビルド番号確認方法

「メニューアイコン」⇒「設定」⇒「端末管理」⇒「端末情報」⇒「端末の状態」⇒「型名」

最新ビルド番号:V01R041B

 

 

富士通 arrows M02 の各キャリアLTE・3G対応一覧

富士通 arrows M02 のLTE周波数対応は、 1, 3, 4, 6, 8, 18, 19, 26 bandに対応しており、docomo、au、softbank、Y!mobileに対応。

プラチナバンドは、docomo、au、softbankに対応。

詳しいLTE対応スペックは、こちらのスペック表参照

富士通 arrows M02 の3G周波数対応は、 公開されていないため不明。

詳しい3G対応スペックは、こちらのスペック表参照

山間部などのLTE範囲外の地区では、3Gの800MHz(Band6)帯では「FOMAプラスエリア」に対応していることが必要だが、3Gの800MHz(Band6)帯 に対応しているか不明。

LTE・3G周波数一覧表。ドコモ、au、ソフトバンクなどの使用Bandをまとめてみた。

富士通 arrows M02 の動作確認済みSIM・価格比較

動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い
24回払い
動作確認
一括払い 29800円
24回払い 1341円/月
動作確認
一括払い
24回払い

富士通 arrows M02 イメージ

富士通 arrows M02のスペック一覧

基本仕様

機種名 arrows M02
メーカー名 富士通
小売希望価格 オープン価格
発売日 2015/10/29
OS Android 5.1
本体サイズ(幅x高さx厚み) 68.9 x 141 x 8.9 mm
本体の重さ 149 g
CPU MSM8916
CPUコア数 4コア
ディスプレイサイズ 5インチ
ディスプレイ解像度 1280 x 720
メモリ(RAM) 2G
ストレージ(ROM) 16G
バッテリー容量(mAh) 2300mAh
カラーバリエーション ホワイト
ブラック
ピンク
ゴールド
ロイヤルブルー

カメラ性能

背面カメラ画素数 810万画素
背面カメラ2画素数
前面カメラ画素数 240万画素
前面カメラ2画素数
4K撮影対応(ビデオキャプチャ)
手ブレ補正

ネットワーク

Wi-Fi IEEE802.11 b, IEEE802.11 g, IEEE802.11 n
対応周波数(バンド) 4G LTE 1, 3, 4, 6, 8, 18, 19, 26
対応周波数(バンド) GSM/GPRS/EDGE 850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz
対応周波数(バンド) W-CDMA 1, 6, 8, 18, 19, 20, 26
SIMスロット数 1
SIMカードタイプ nano SIM
最大microSD カード容量 32G
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)(4G+3G)

その他機能

NFC対応(Near Field Communication)
GPSタイプ GPS
Bluetoothバージョン 4.1
加速度センサ
ジャイロスコープセンサ
近接センサ
光センサ
指紋認証センサ
その他センサ
USB接続ポート
耐水・防水機能
HDMI端子対応
フルセグ対応
ワンセグ対応
MHL対応(TVやディスプレイに出力可能か)
ハイレゾ対応(ハイレゾオーディオ)
おサイフケータイ/FeliCa対応
メーカー仕様URL http://www.fmworld.net/product/phone/m02/

富士通 arrows M02の各キャリアLTE・3G対応一覧

キャリア対応一覧表(LTE)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank UQ Ymobile WCP
1 2.1GHz -
3 1.7/1.8GHz -
8 900MHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
21 1.5GHz -  ○
26 800MHz -  ○
28 700MHz -  ○  ○
41 800MHz -  ○  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。*Band19はdocomo LTEプラチナバンドで、Band18とBand26はau LTEプラチナバンド、Band8はsoftbank LTEプラチナバンド

キャリア対応一覧表(3G)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank Ymobile
1 2.1GHz -
6 800MHz -
8 900MHz -
9 1.7GHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。 *800MHz(Band6とBand19)、はFOMAプラスエリア、900MHz(Band8)はsoftbank プラチナバンド。

レビュー投稿


コメント投稿

-スマホスペック・評価まとめ

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.