年収100万〜3000万までの年収別 給与所得控除額一覧

年収100万〜3000万までの給与所得控除をひと目でわかるように一覧にしてみました。

給与所得控除とは、所得税を計算する上で必要な給与所得金額を計算するため、最初に控除される年収額に依存して増減する控除額のことを指します。

令和2年分からこの控除額を変更され、年収850万円以下の方は一律10万円の控除額が減り、年収850万円以上の方は最大25万円の減となっています。なんてこった

それぞれの年収のレンジで年間どれくらい控除が減る=つまり増税されるのかも一覧にまとめています。

令和元年までと令和2年以降の給与所得控除の差額まとめ

年収
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)
令和元年まで 令和2年から 差額 想定最大増税額/年
180万以下 収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
収入金額×40%-100,000円
550,000円に満たない場合には、550,000円
▲〜10万円
181万〜360万 収入金額×30%+180,000円 収入金額×30%+180,000円 ▲10万円
361万〜660万 収入金額×20%+540,000円 収入金額×20%+440,000円 ▲10万円
661万〜850万 収入金額×10%+1,200,000円 収入金額×10%+1,100,000円 ▲10万円
851万〜1000万 収入金額×10%+1,200,000円 1,950,000円 ▲10万〜25万
1001万〜 2,200,000円 1,950,000円 ▲25万

 

補足:所得税の速算表

課税対象額(年収ではない) 税率 控除額
〜195万円 5% 0円
195万円〜330万円 10% 97,500円
330万円〜695万円 20% 427,500円
695万円〜900万円 23% 636,000円
900万円〜1,800万円 33% 1,536,000円
1,800万円〜4,000万円 40% 2,796,000円
4,000万円〜 45% 4,796,000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。