-話題ツイートまとめ
-,

かならず歴史の教科書に載っている大正時代の成金の「どうだ明るくなったろう」をなんと体験することができるおもちゃを開発した猛者が現れました。

紙を挟むと店頭するようになっており、構造は紙をはさむことでクリップが動いて電池に当たって点灯するようになっているとのこと。

作り方は「LEDのキャンドルを分解して、電球と電池とクリップを合体させます。」と投稿者の方は説明しており、具体的な作成方法を説明する別の猛者も現れる状態になっています。

ちなみに成金が燃やしている100円札は現在の金額に直すと20万円だそうです、、とんでもない。

 

ネット上では「暗くてお靴が分からないわ」「天才じゃないですか!!」「NA☆RI☆KI☆N」というコメントが投稿されています。

元ツイート

ツイッターの反応

コメント投稿

-話題ツイートまとめ
-,

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.