93歳のおばあちゃん外出自粛中にビールがほしいとSNSで要求。すると・・・

93歳のペンシルベニア州のおばあちゃんが、ビールがほしいと要求したことによる意外な結果がSNSで口コミを集めています。

93歳のオリーブ・ヴェロネージおばあちゃんは、コロナウィルスで外出自粛中にビールの缶と「もっとビールを。」というプラカードを持って窓からアピール。近所の人がその姿を撮影し、SNSで拡散。最終的にはテレビの取材まで来るように。

ヴェロネージおばあちゃんは、ビールを飲めるようにいろんな人が手を差し伸べたと語っています。

最終的にはビール会社の「クアーズ・ライト」がツイッターで、ヴェロネージおばあちゃんにビールを直接とどけると声明。おばあちゃんの切なる願いは、なんとSNSで叶えられることになりました。

このニュースが話題になっていたころビールはまだ配送中だったのですが、4月14日大量のビールがおばあちゃんの手元に届いたようです

ネットの反応

  • おばあちゃんへのビールの寄付はどこでできますか?
  • 信じられない。 たくさんの人がかわいいおばあちゃんを助けたんですね
  • ビールも予防のためだからね!
  • 素晴らしい。クアーズライトは彼女の人生のスポンサーだね
  • 私もおばあちゃんにビールを少し持っていこうかな
  • このストーリーはすばらしい!オリーブおばあちゃんみたいになりたい!!

元ネタはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。