LINEモバイル、MNP転入時の名義違いを注意喚起

LINEモバイルは、MNP転入時の名義違いを注意喚起しています。

 

詳しくは公式HPにて↓

 

LINEモバイルでは、MNP転入をご希望の方で、名義が違うことによる申し込みキャンセルが多発しており、改めてMNP転入時の注意点をまとめています。

MNPを検討中の方は下記記事を参考にしてください。

MNPブログ画像

そもそもMNPとは?

MNPとは、「ナンバーポータビリティ」の略称で電話番号はそのままで、契約する携帯電話会社を変えることができる制度のことです。

MNP転出の手続きを行うと、MNP予約番号とその番号の有効期限(発行日より15日間有効)が発行されます。

LINEモバイルの申し込みの際に、MNP予約番号を入力することで、同じ電話番号を引き続き利用することができますので、乗り換えの際はとても便利なサービスです。

03

MNPには契約名義の統一が必要

MNPをするためには、まず現在契約している携帯電話会社での契約名義と、LINEモバイルでの契約名義が同じである必要があります。

例えば、MNP前の契約を別の家族の名義で契約していた場合、MNP予約番号を取得する前に、必ず自身の名義に変更しておく必要があります。

MNP前の携帯電話会社の名義と、LINEモバイルで記入された名前が違う場合は、申し込みキャンセルとなってしまうので注意が必要です。

MNPの有効期限にも注意が必要

もう一つの注意点として、MNP予約番号の有効期限にも注意が必要です。

MNP予約番号を取得した時点で、15日間の有効期限が付与されますが、ウェブサイトからLINEモバイルへの申し込みをされる場合は有効期限が10日以上残っている必要があります。

ですので、MNP予約番号の取得はお申し込みの直前がおすすめです。

店舗で即日受け渡しをする場合は、有効期限が1日以上あれば大丈夫ですので、有効期限が少なくなってしまったら(可能な場所にお住まいの方は)直接店舗で契約するのも有効な手段です。

もし有効期限が切れても、再度手続きをすればMNP予約番号は再発行することができます。

詳しくは公式HPにて↓

格安SIM「LINEモバイル」の特長・プラン内容・評判について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。