-スマホスペック・評価まとめ
-

⇛スマートフォンスペック別 検索はこちら

Sharp Android One S5 のスペック概要

Sharp Android One S5 のスペックは、ディスプレイが5.5型ディスプレイ(2160×1080px)、「Snapdragon 450」8コアプロセッサー、3GBメモリー、32G内蔵ディスク、2700mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 9」をプリインストールしている。

Sharp Android One S5 のカメラの画素数は、リアカメラ:1200万画素、フロントカメラ:800万画素を搭載している。

カラーは、クールシルバー 、ダークブルー 、ローズピンクの3色が用意されている。

その他機能としては、ジャイロスコープセンサ、ハイレゾ機能、Bluetooth4.2機能、ジャイロスコープセンサ、VoLTE(HD+)を搭載。

Android One S5 の特長

本体素材はアルミ製で耐久性があり衝撃にも強いです。

サイズもコンパクトな上軽く、丸みのあるフォルムは女性の手でも持ちやすいのが利点です。持ち運びに楽ですね。

また防塵機能に加え、さらに耐衝撃機能にも対応しています。

うっかりカバンから飛び出してしまったときも防塵がしっかりとしているので、ある程度の衝撃にも安心して持っていられます。

また従来のスマホに比べ消費電力を21%減させることに成功しているのはすごいですね。

価格の割に普段使いには充分に活躍できるし、充電持ちも良いことをふまえるとコスパがいいです。

また、UIもシンプルで購入時にgoogleの最低限のアプリのみしか入っておらず、容量もすっきりした状態から使い始められるのも魅力です。

ディスプレイにはシャープ独自の技術である「IGZO」が使われており、綺麗で鮮明な画面で写真や映像を楽しめます。

液晶テレビ「AQUOS」と同じものが採用されています。

 

Android One S5 の注意点

日本国内では基本的にワイモバイル・ソフトバンクでしか買うことができません。

また購入時に充電器が付属していないので、持っていない方は別途購入する必要があります。

ワイモバイルでの購入時、価格を抑えたい場合は一括ではなく分割で払ったほうが実質1万円程度に安く抑えることができます。

日本国外での販売を想定していないため、おサイフケータイやワンセグには非対応となっているので注意です。

生体認証(指紋認証・顔認証など)も搭載されておらず、ロック解除に使っていた方は手動となるためちょっと不便に感じるかもしれません。

安くて嬉しい反面、中身のスペックは値段相応なものになっています。

性能の指標となるスコア(AnTuTuベンチマークスコア)では数値は低〜中程度で、ライトユーザ向けといえます。

処理が重めの3Dゲームをプレイしたいなど、もっと高性能なスマホが欲しいという方は別のものも検討するべきかもしれません。

Sharp Android One S5 の各キャリアLTE・3G対応一覧

Sharp Android One S5 のLTE周波数対応は、 1, 2, 3, 4, 8, 28 bandに対応しており、docomo、au、softbank、Y!mobileに対応。

プラチナバンドは、docomo、au、softbankに対応。

詳しいLTE対応スペックは、こちらのスペック表参照

Sharp Android One S5 の3G周波数対応は、 公開されていないため不明。

詳しい3G対応スペックは、こちらのスペック表参照

山間部などのLTE範囲外の地区では、3Gの800MHz(Band6)帯では「FOMAプラスエリア」に対応していることが必要だが、3Gの800MHz(Band6)帯 に対応しているか不明。

LTE・3G周波数一覧表。ドコモ、au、ソフトバンクなどの使用Bandをまとめてみた。

Sharp Android One S5 の動作確認済みSIM・価格比較

Y!mobile(ワイモバイル)
動作確認
一括払い 53676円
24回払い
ソフトバンク
動作確認
一括払い 30720円
24回払い

Sharp Android One S5 イメージ

Sharp Android One S5のスペック一覧

基本仕様

機種名 Android One S5
メーカー名 Sharp
小売希望価格 53676円
発売日 2016/10/07
OS Android 9
本体サイズ(幅x高さx厚み) 71 x 148 x 8.1 mm
本体の重さ 149 g
CPU Snapdragon 450
CPUコア数 8コア
ディスプレイサイズ 5.5インチ
ディスプレイ解像度 2160 x 1080
メモリ(RAM) 3G
ストレージ(ROM) 32G
バッテリー容量(mAh) 2700mAh
カラーバリエーション クールシルバー
ダークブルー
ローズピンク

カメラ性能

背面カメラ画素数 1200万画素
背面カメラ2画素数
前面カメラ画素数 800万画素
前面カメラ2画素数
4K撮影対応(ビデオキャプチャ)
手ブレ補正

ネットワーク

Wi-Fi IEEE802.11 a, IEEE802.11 b, IEEE802.11 g, IEEE802.11 n, IEEE802.11 ac
対応周波数(バンド) 4G LTE 1, 2, 3, 4, 8, 28
対応周波数(バンド) GSM/GPRS/EDGE 850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz
対応周波数(バンド) W-CDMA 1, 2, 4, 8
SIMスロット数 1
SIMカードタイプ micro SIM
最大microSD カード容量 512G
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)(4G+3G)

その他機能

NFC対応(Near Field Communication)
GPSタイプ GPS, A-GPS, GLONASS, Beidou
Bluetoothバージョン 4.2
加速度センサ
ジャイロスコープセンサ
近接センサ
光センサ
指紋認証センサ
その他センサ VoLTE(HD+)
USB接続ポート USB Type-C
耐水・防水機能
HDMI端子対応
フルセグ対応
ワンセグ対応
MHL対応(TVやディスプレイに出力可能か)
ハイレゾ対応(ハイレゾオーディオ)
おサイフケータイ/FeliCa対応
メーカー仕様URL https://www.softbank.jp/mobile/products/smartphone/android-one-s5/

Sharp Android One S5の各キャリアLTE・3G対応一覧

キャリア対応一覧表(LTE)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank UQ Ymobile WCP
1 2.1GHz -
3 1.7/1.8GHz -
8 900MHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
21 1.5GHz -  ○
26 800MHz -  ○
28 700MHz -  ○  ○
41 800MHz -  ○  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。*Band19はdocomo LTEプラチナバンドで、Band18とBand26はau LTEプラチナバンド、Band8はsoftbank LTEプラチナバンド

キャリア対応一覧表(3G)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank Ymobile
1 2.1GHz -
6 800MHz -
8 900MHz -
9 1.7GHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。 *800MHz(Band6とBand19)、はFOMAプラスエリア、900MHz(Band8)はsoftbank プラチナバンド。

レビュー投稿


コメント投稿

-スマホスペック・評価まとめ
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.