-スマホ比較

The Timesは、Appleが新しい英国本社計画が送れているため、緊急計画を立て始めたと報告しています。

現在、Appleはロンドンの8つの異なるサイトに約1,400人の従業員が働いています。しかし、新しいBattersea Power Station本社では、同社は全員を収容できる計画です。

しかし、新本社の計画が遅れた場合のことを考慮して、Appleが既存の場所や市内の他の一時的な場所で不動産管理者と「初期段階の会談」を行っていることが報じられました。

タイムズ紙によれば、アップルのバックアップオプションの調査は純粋に緊急事態への対策として行われているという。 Batterseaは、当初予定していたとおり、Appleの最新の本社を2020年12月までに完成させること予定としています。

専門家は、初期の段階では、既存のリースを拡張し、重要な動きの前に大きな企業が取ると予想される保護手段として臨時拠点を見つけることについて語っています。

Battersea発電所開発会社の最高経営責任者(CEO)は、「2020年末にビルを建設することを約束する」と述べた。 "誰もが現在の段階において非常に自信を持っています。」

Battersea発電所ビルのアップルの新しい英国キャンパスの計画は、2016年に初めて発表されました。同社は1,400人の従業員を擁し、500,000平方フィートと6階建てとなっています。これはアップルのオフィスの中では最大の面積となっていますが、住居・オフィス・店舗・広告レジャー施設とスペースは共有される予定です。

コメント投稿

-スマホ比較

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.