-スマホ比較
-

Appleは4月から自社走行のソフトウェアプラットフォームをテストするためにセンサーとカメラを搭載したレクサスSUVをいくつか保有していたが、カリフォルニア州サニーベール在住者がAppleのLIDARを搭載している最新Lexus SUVを撮影した。

以前はAppleが "Project Titan"を進めていると噂されていたサニーベール地区でAppleの自律型SUVを度々目撃されている。レクサスは、Appleのサニーベールの郊外に駐車されていた。


Appleはテスト車両に新しいLexusモデルを追加したようで、デザインは2016年または2017年のレクサス450hとなっている。以前に発見された車両は2015年のレクサス450h SUVだった。

搭載されているLIDARセンサーがどのような機能を果たすのかはわからないが、Appleは開発中の自走式ソフトウェアプラットフォームをテストするためにこれらの車両を使用しているとされている。

車両の前部と後部に2つの主要なLIDARセンサーがあり、それぞれセンサーとカメラを搭載した4つの他のコンポーネントで構成されている。

車上のLIDARシステムは、自動車がその周囲を正確に検出できるようにレーザビームを送出するように設計されており、本来は車両周囲の環境の3Dマップを作成するために使用される。

LIDARセンサーの近くに設置されたカメラは、信号機、人、車、およびその他の動く物体を検出することができる。

写真では、ドライバーと同乗者の両方が車の進行を監視していることをはっきりと写っている。

Appleはサードパーティの車両に搭載する自動運転プラットフォームに取り組んでいる。

SUVと平行して、AppleはベイエリアのさまざまなAppleのオフィス間で従業員を輸送するために設計された自己運転キャンパスシャトルで、自走技術をテストするという噂もある。

コメント投稿

-スマホ比較
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.