-スマホ比較
-

この秋に登場するLTEをサポートするApple Watch第3世代が電話をサポートする可能性は低いの予想がされている。

iPhoneの通話機能に代わる音声サービスは「実現可能」だが、Appleはまず「データ伝送のユーザ体験」を向上させる必要があると考えているとしている。

その結果、おそらくApple Watchは、伝統的な電話をサポートしないかもしれない。


しかし、FaceTimeやSkypeのようなVoIPサービスは、現在のApple Watchモデルで既にサポートされているため、ウォッチでサポートされる可能性がある。

Apple watchの内部空間が不足しているため、LTE Apple Watchは物理的なSIMスロットの代わりにeSIMを使用し、iPhoneと同じ電話番号を共有するように設定されているという。

Apple watchのLTE接続は、特定の国や市場に限定される可能性もある。

Verizon、AT&T、T-Mobileを含む米国の大手通信事業者が、今後発売予定のLTE Apple Watchをサポートし、販売するとの噂も既にある。

Appleは現在、Qualcommとの間で進行中の特許紛争に巻き込まれているが、Qualcommの技術はIntelよりも優れているため、消費電力の少ないより小型のチップでAppleがApple WatchでQualcommチップを使用すると考えられている。

Apple Watch第3世代は、9月に新しいiPhoneと共にリリースされる予定で、 LTE接続はデバイスの主なセールスポイントになると予想されている。

また主要な設計変更を指摘している噂があったが、外観に "明らかな変更"はないと見解となっている。

via macrumors

コメント投稿

-スマホ比較
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.