BlackBerry KEYone のいいところ・残念なところ・スペックまとめ

BlackBerry KEYone の特長・いいところ

BlackBerry KEYone最大の特徴はハードウェアキーボードが搭載されているという点。

これは他社機にはない唯一無二のもの。

BlackBerry KEYone

従来機に比べるとキーボードが格段に進化しており、タッチセンサーが付いていて表面を触るだけでスワイプやフリックを簡単に行うことができる。

個々のキーにはショートカットを割り当てることができるので、ワンクリックで指定のアプリを起動することもできる。

BlackBerry KEYoneのバッテリー容量が3,505mAhと大きいのでストレスなく長時間の使用ができるのもいいところ。

 

BlackBerry KEYone の残念なところ

BlackBerry KEYoneのスペックは、ライバル機種と比べると特段目立ってスペックが上な部分はなく、特に不満な部分もなく、平均的といったところ。

ただ、価格面で割高な印象は否めず、筐体の質感は好き嫌いが別れるかもしれないが、BlackBerry KEYoneの背面が少し安っぽく見えるのが気になるところ。

また、BlackBerry KEYoneのキーボードだが、キーが小さいので慣れるまでに時間がかかりそう。

BlackBerry KEYoneに慣れているユーザーなら問題なく使いこなせると思われる。

あとはディスプレイが4.5インチという部分も気になるところ。解像度が1620×1080なので広いと言えば広いが、解像度が一般的ではないために少々見づらいということも。

この解像度に対応していないアプリなどもありそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。