-スマホ比較
-,

ホームアシスタントデバイスであるGoogle Homeは、去年の10月にリリースされて以来、Amazonの競合するEchoコレクションに比べ、機能が少し不足していたことをリリース当初から指摘されていた。

10カ月間のソフトウェアアップデートにより、これまで以上に優れた製品となっている。

無料通話機能

Google Homeでは、米国とカナダのユーザーは無料の通話ができるようになった。WiFi通話を使用すると、連絡先に登録されている番号やGoogleマップに記載されている番号にアクセスできる(電話をかけたい電話番号にかけることも可能)

Bluetooth対応

Bluetoothは、追加された新機能の1つだ。

[Device Settings]> [Paired Bluetooth Devices]> [Enable Pairing Mode]で、Bluetooth対応デバイスをGoogle Homeに接続してオーディオを再生することができる。

オーディオ品質はかなり優れているため、別のBluetoothスピーカーよりも良いかもしれない

Spotify対応

Google HomeではSpotifyの無料アカウントもサポートしている。Google Homeで無料のSpotifyアカウントを使用することの唯一の弱点は、広告化された放送局に限られていること。プレミアムアカウントの支払いをしたくない場合は、悪い選択ではないと考えられる。

マルチユーザサポート

マルチユーザサポートは、長い間希望されていた機能で、4月にGoogle Homeに追加された。Google Homeはカレンダーのような個人情報を扱うこともできる。

そのために、それぞれのユーザは、Homeアプリにサインインし、自宅の声を自動的に認識されることができる。

サードパーティアクションの追加

Amazon Alexaと同様、アクションによってサードパーティの開発者がサードパーティのサービス機能をGoogle Assistantに統合することができる。

このアクションによって、Google Homeを使用してDominoピザを注文したり、Lyftを呼び出したり、NetflixのコンテンツをChromecastデバイスに送信したり、Google以外のサービスから他のアクションを送信したりすることができる。

via 9to5google

コメント投稿

-スマホ比較
-,

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.