-スマホ比較

IIJmio(みおふぉん)は、2017年6月から「IIJmioサプライサービス」に「ZTE Blade V8」「Trinity NuAns NEO [Reloaded]」「ONKYO GRANBEAT」「CAT S40」の提供を開始すると発表した。

また上記端末の発売と合わせて「Alcatel ONETOUCH IDOL 3」の一括販売価格9,800円(税抜)での提供、「選べるケースセット」の対象端末追加も実施するとしている

*現時点ではNuAns NEO [Reloaded]の発売日時は未定。

IIJmioサプライサービス 追加端末詳細

ZTE Blade V8
(ミッドナイトグレー、シャンパンゴールド)
34,800円(税抜) / 1回払い
月々 1,500円(税抜) / 24回払い
Trinity NuAns NEO [Reloaded]
(ブラック)
42,800円(税抜) / 1回払い
月々 1,800円(税抜) / 24回払い
ONKYO GRANBEAT
(ブラック)
79,800円(税抜) / 1回払い
月々 3,400円(税抜) / 24回払い
CAT S40
(ブラック)
39,800円(税抜) / 1回払い
月々 1,700円(税抜) / 24回払い
Alcatel ONETOUCH IDOL 3
(メタリックシルバー、ダークグレー、ソフトゴールド)
9,800円(税抜) / 1回払い
月々 420円(税抜) / 24回払い

各スマホのスペック等は以下の通り

ZTE Blade V8

ZTE Blade V8は、背面に1,300万画素+200万画素のデュアルカメラが特長のSIMフリースマホ。

2つのカメラで撮影するため、リフォーカス機能で撮影後にピント位置やボケ効果を調整することができる。

ZTE Blade V8_00000

ZTE Blade V8のスペックは、ディスプレイが5.2型ディスプレイ1920 x 1080px)、「Snapdragon 435」オクタコアプロセッサー、3GBメモリー、32GB内蔵ディスク、2,730mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 7.0」をプリインストールしている。

ZTE Blade V8のカメラ画素数は、リアカメラ1,300万画素+200万画素のデュアルカメラとフロントカメラ1,300万画素のカメラを搭載。

Trinity NuAns NEO [Reloaded]

Trinity NuAns NEO [Reloaded]は、おサイフケータイに対応しているため普段使いから支払いまでTrinity NuAns NEO Reloadedのみで外出などができてしまう。

また、Trinity NuAns NEO Reloadedの最大の特徴といえる約700種類のボディーカスタマイズが可能とバリエーションが豊富。

スクリーンショット 2017-04-16 10.32.31

 

Trinity NuAns NEO [Reloaded]のスペックは、ディスプレイが5.2型ディスプレイ1920 x 1080px)、「Snapdragon 625」オクタコアプロセッサー、3GBメモリー、32GB内蔵ディスク、3,450mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 7.1」をプリインストールしている。

Trinity NuAns NEO [Reloaded]のカメラ画素数は、リアカメラ1,300万画素のデュアルカメラとフロントカメラ800万画素のカメラを搭載。

ONKYO GRANBEAT

ONKYO GRANBEAT(DP-CMX1)は、オーディオメーカーであるオンキョーのスマホということで、オーディオ専用基板の搭載や音楽用操作ボタンを持つなど、通信機能を持った本格的なハイレゾデジタルオーディオプレーヤーと言える、とにかくサウンドにこだわりを持ったユニークなスマホ。

ONKYO GRANBEAT(DP-CMX1)の外観はスマホというよりデジタルオーディオプレーヤーそのものと言ってよいソリッドなブラックボディは高級感が漂う。

GRANBEAT

 

ONKYO GRANBEAT(DP-CMX1)のスペックは、ディスプレイが5.0型ディスプレイ1920 x 1080px)、「Snapdragon 625」オクタコアプロセッサー、3GBメモリー、128GB内蔵ディスク、3,000mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 6.0」をプリインストールしている。

ONKYO GRANBEAT(DP-CMX1)のカメラ画素数は、リアカメラ1,600万画素のデュアルカメラとフロントカメラ800万画素のカメラを搭載。

CAT S40

ONKYO CAT S40は、落下・水没・幅広い温度下(-25~55℃)などの厳しい環境での使用を特長としたCATブランドのスマホ。

ONKYO CAT S40は、高い耐衝撃性能を示す米国国防省規格“MIL-STD-810G”に準拠しており、高さ 1.8m からのコンクリートへの落下試験をクリア。また耐水性は水深 1m に 60 分間浸しても起動可能であることや粉塵の侵入を完全に防護するなど、高い防水・防塵性能を示す国際的な防水・防塵規格“IP68”に準拠している

ONKYO CAT S40_00001

 

 

ONKYO CAT S40のスペックは、ディスプレイが4.7型ディスプレイ960 x 540px)、「Qualcomm MSM8909-4」クアッドコアプロセッサー、2GBメモリー、16GB内蔵ディスク、3,000mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 5.1」をプリインストールしている。

ONKYO CAT S40のカメラ画素数は、リアカメラ800万画素のデュアルカメラとフロントカメラ200万画素のカメラを搭載。

Alcatel ONETOUCH IDOL 3

ALCATEL ONETOUCH IDOL 3は、シンメトリック設計により、上下逆さまでも使える100%リバーシブル仕様、そのため通話・カメラ・音楽など、上下を気にせず端末を手にした向きのまま素早く操作することが可能なスマホ。

Alcatel ONETOUCH IDOL 3_00002

「JBL Clari-Fi(クラリファイ)圧縮音楽再生テクノロジー」を搭載しており、圧縮音源をリアルタイムに分析、失われたデータを補完して高音質で再生することができる。

スピーカーはJBL音質認証を取得したデュアルフロントスピーカーを装備。高機能オリジナルDJアプリ「ONE TOUCH MIX」を搭載している。

ALCATEL ONETOUCH IDOL 3のスペックは、ディスプレイが5.5型ディスプレイ1080×1920px)、「Snapdragon 615」オクタコアプロセッサー、2GBメモリー、16GB内蔵ディスク、2,910mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 5.0」をプリインストールしている。

ALCATEL ONETOUCH IDOL 3のカメラ画素数は、リアカメラ1,300万画素とフロントカメラ800万画素のカメラを搭載。

カラーは、ダークグレー、メタリックシルバー、ソフトゴールドの3色が用意されている。

コメント投稿

-スマホ比較

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.