-スマホ比較
-,

今年のAppleに関するリーク合戦は、HomePodファームウェアから収集したデータiOS 11のプレリリースベータ版ソフトウェアの内部動画ファイルなどで大いに賑わった。

またApple Watchに関するリーク情報がやってきたので報告しておく。

スノースポーツに関する機能は、すでにホームポッドのファームウェアで明らかにされているが、iHelp BRはiOS 11開発者用ベータ版でApple Workoutアプリが新たに対応するであろうスポーツを示しているコード文字列とアイコンを見つけたと投稿した。

新たに発見されたスポーツの種類は、ボート、ボーリング、クライミング、クロスカントリースキー、カール、ダンス、乗馬スポーツ、フェンス、釣り、ゴルフ、体操、ジャンプロープ、ピラティス、スケート、サーフィンなどがあるという。

新しい対応スポーツが「Apple Watch Series 3」に限定されているのか、watchOS 4の一般公開ですべてのApple Watchが利用できるのかは不明となっている。

現在のApple WatchとwatchOSの対応スポーツは、徒歩(室内と屋外)、ランニング(室内と屋外)、自転車(屋内と屋外)、水泳(プールと野外)、クロストレーナー/エリプティカルトレーナー、 階段昇降、「その他」となっている。

Apple Watchは、「筋力トレーニング」のようなさまざまなオプションで特定のアイコンを選択させることができるが、トレーニング状態を追跡することができない。

今回発見された対応スポーツが実際にApple Watchに実装された場合、現在の12スポーツに加えて、エクササイズに重点を置いたApple Watchの着用者が増えるかもしれない。

コードの結果では詳細は示されていないが、新しい対応スポーツでは、カロリー、合計カロリー、心拍数などのユーザーデータを測定する可能性があるとされている。

Appleは9月にiPhone 8公開イベントでApple Watch Series 3を発表する予定ともいわれている。

コメント投稿

-スマホ比較
-,

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.