-スマホ比較
-

「ベゼルレス」iPhone 8は9月12日に発表される予定で、物理的なホームボタンが搭載されていないiPhoneとなる見込みとなっている。

ブルームバーグは、AppleがiPhone 8ユーザーインターフェイス用の新しいジェスチャーとナビゲーションでホームボタンを実現する方法についての詳細を公開した。

以前のiPhoneではホームボタンが通常配置されていた場所に「シンバー」が表示されており、ロック画面では、ユーザーがこのバーを上に引いてロックを解除する。

アプリ内では、上向きにドラッグするとマルチタスクUIが開くようになっている。

iOS 11のベータ版で発見されたアプリ切り替え動画がとても参考になる。

iPhone8の全体的なサイズはiPhone 7のものと似ているが、iPhone 7 Plus(5.5インチ)よりもわずかに大きいOLEDスクリーンが搭載されている。

ホームボタンを収納していた画面の下の領域と、イヤホンの画面の上の領域が取り払われて大きな画面を実現している。

下図のように画面上部の「ノッチ」に存在している。

via Bloomberg

画面はiPhone 7 Plusの画面よりも大きく、Webページや追加のテキストメッセージが表示される。

画面には6つの縦列のアプリが表示されることになり、各ページに24個のアイコンが表示される。

ドックはアプリを収納する画面下にある灰色のバーとして表示され、iOS 11のiPad版と同様の新しいインターフェースでデザインされている。

コメント投稿

-スマホ比較
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.