-スマホ比較
-,

今後発売される「iPhone 8」は、本体上部と下部にスーパースリムベゼルを採用しているため、端から端までの表示をどのように効果的に表示させるのかという問題がiPhoneケース側に問題として残っているようだ。

iPhone 8はまだ予告されていないが、FoxconnのようなAppleサプライヤーからリークされた回路図やデザインの詳細に基づいたiPhone 8ダミーモデルで、iPhoneのケースメーカーは開発を開始しているとのこと。

macrumorsでは、YesgoとOlixarがデザインしたiPhone 8ダミーとiPhone 8ケースを手にして、iPhone 8がどのようになるのかを説明したビデオを公開した。

このケースは幅広いスタイルを採用しているが、カメラの縦型デュアルカメラの切り抜き、右側の細長い電源ボタンの切り抜き、スピーカー用の切り抜き、ライトニングケーブル用の切り抜きが見て取れる。

また、Appleのロゴを表示する切り抜きがあり、デバイスの左側の音量ボタンとミュートスイッチをカバーするようなデザインになっている。

iPhone 8にほんの少しだけ残っているサイドベゼルのおかげで、ディスプレイの側面を少し包み込むケースになっている。

この手のケースはディスプレイを保護するための凸部分が存在するが、iPhone8用ケースももれなくサポートしている。

Appleは、iPhone 8を誘導型ワイヤレス充電に対応させたが、その詳細についてはわかっていない。ただ、iPhoneケースが金属製でない限り、iPhone 8はケース越しでも充電することができる。

動画のケースとダミーモデルが正確にリリース後のiPhone8を100%していないと思われるが、仕様・パーツ・CAD図面・ホームポッドなどは期待通りだと思っている。

iPhone 8のデザインがわかるダミーモデルもチェックした動画も公開されている。

YesgoとOlixarはすでにiPhone 8のケースをウェブサイトで公開しており、予約注文を受けつけている。ただiPhone8が正式リリースされるまで出荷は開始されない。

Yesgo

https://www.amazon.com/Yesgo/pages/14334462011

Olixar

http://olixar.com/cases-and-screen-protectors-for-smartphones/

via macrumors

コメント投稿

-スマホ比較
-,

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.