-スマホスペック・評価まとめ

⇛スマートフォンスペック別 検索はこちら

motorola Moto G6 のスペック概要

motorola Moto G6 のスペックは、ディスプレイが7型ディスプレイ(2160×1080px)、「Snapdragon 450」8コアプロセッサー、3GBメモリー、32G内蔵ディスク、3000mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 8」をプリインストールしている。

motorola Moto G6 のカメラの画素数は、リアカメラ:1200万画素+500万画素のデュアルカメラ、フロントカメラ:1600万画素を搭載している。

カラーは、ディープインディゴ 、ファインゴールドの2色が用意されている。

その他機能としては、ジャイロスコープセンサ、ハイレゾ機能、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、Bluetooth4.2機能、ジャイロスコープセンサ、指紋認証センサ、電子コンパスを搭載。

motorola Moto G6 の特長

価格帯が3万円前後と低価格で購入できることや、SIMフリーであることも考慮するとスマホ代を安く抑えたい人にはコスパが良くおすすめの機種です。

docomo・au・softbankの3キャリアにも対応しています。

見た目もガラス素材で艶があり、クールな印象です。

角がなく丸みを帯びたデザインも良い感じです。

サイズもコンパクトで片手に持ったままで操作ができます。

急速充電にも対応しており、バッテリーも普段使いでそれなりに持ちます。

motorola製は余計な機能をつけないシンプルなandroidに近いのが特徴のため動作も軽いです。

カメラは2種類のレンズが搭載されている「デュアルレンズ」になっています。

ぼけ効果を加えた奥行きのある写真がスマホで撮ることができます。

またスポットカラー機能もついています。

モノクロで撮影した写真を一部分だけ鮮やかな色合いにするもので、オシャレな写真を作って楽しむことができます。

 

motorola Moto G6 の注意点

国内公式サイトより発売中のモデルではディープインディゴ1色のみでしたが、アマゾンでは限定カラーとしてファインゴールドが購入できるので気になる方は要チェックです。

安価な代わりに防水やおサイフケータイなどの便利な機能がついておらず、高価なiphoneなどと比べてしまうと性能に見劣りしてしまいます。

高処理のヘビーなゲームをプレイするのには向きません。

逆にいうと、日常生活の中で使っていく上で必要な機能は揃っています。

snsやネットサーフィンをするのには充分な性能になっています。

この値段で4000Ahもあり充電が長持ちな上、高速充電機能付きなのも嬉しいです。

FMラジオに対応しているので、アプリをわざわざダウンロードしてバッテリーを余を装着することをおすすめします。

画面が最新のものに比べると小さく、大画面を必要とするアプリやゲームによっては画面内に収まり切らず端が切れてしまうため注意が必要ですね。

コメント投稿

-スマホスペック・評価まとめ

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.