-スマホスペック・評価まとめ
-

⇛スマートフォンスペック別 検索はこちら

MOTOROLA MOTOROLA Moto Z のスペック概要

MOTOROLA MOTOROLA Moto Z のスペックは、ディスプレイが5.5型ディスプレイ(2560×1440px)、「Snapdragon 820」4コアプロセッサー、4GBメモリー、64G内蔵ディスク、2600mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 6」をプリインストールしている。

MOTOROLA MOTOROLA Moto Z のカメラの画素数は、リアカメラ:1300万画素、フロントカメラ:500万画素を搭載している。

カラーは、ブラック 、ホワイト 、ゴールドの3色が用意されている。

その他機能としては、4K撮影機能、手ブレ補正、ジャイロスコープセンサ、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、Bluetooth4.1機能、ジャイロスコープセンサ、指紋認証センサ、ホール効果センサー 、センサーHubを搭載。

MOTOROLA Moto Zの特長・いいところ

MOTOROLA Moto Zは、厚さ5.19mmという超薄型設計によるスリムボディが特徴。これにMotoModsと呼ばれるマグネット装着型のオプションパーツを装着することで様々な拡張が出来る。

用意されているMotoModsはスピーカー、プロジェクター、光学ズーム、バッテリー延長パックと、鑑賞やカメラ撮影に加え日常のバッテリー不足を補うことが出来る優れもの。

またMOTOROLA Moto Z本体の性能もCPU・データ容量・カメラの全てに優れたハイエンドモデルとなっている。

MOTOROLA Moto Zの残念なところ

MOTOROLA Moto Zは、デザイン重視で作られているが、そのためかイヤホンジャックがない。

公共の場で音楽を聴くにはBluetooth対応のイヤホンが必要になってくると思われる。

またMOTOROLA Moto Zは、SIMスロットとMicroSDスロットが共用になっているので、SIMを2枚差しているとMicroSDが使用できない点にも注意が必要。

MOTOROLA Moto Zの最大のデメリットは本体価格。ハイエンドモデルなので仕方ない点だが、9万円を超える価格となっている。

コメント投稿

-スマホスペック・評価まとめ
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.