OPPO R11s の特長・価格比較・スペック・注意点まとめ

OPPO R11s の特長

OPPO R11sは、横比18:9、画面比率85.8%、6.01インチの大型ディスプレイを搭載し、AIで美しく最適化された写真撮影ができるスマホ。

独特のクレッセントアーク形状は、カスタムで製作されたクレッセント形状の切削工具を使ってアルミ素材から切削。軽量でスリムという機能性と美しさを兼ね備えている。

このクレッセントアークデザインにより、ゲーム中に誤ってスピーカーを覆ってしまうことを気にせず、もっとゲームを楽しめるようになっている。

f/1.7大口径レンズ搭載の2000万画素+1600万画素のデュアルカメラを搭載。

特に暗い場所では、2000万画素カメラが暗いシーンを自動判別、夜でも明るく、美しいポートレートの撮影が可能。

またデュアルカメラで距離を計測し、被写界深度演算アルゴリズムによってソフトでナチュラルな被写界深度を作り出し、被写体を強調する写真を撮影可能。

今回搭載したA.I.ビューティーモードでは、A.I.ニューラルネットワークアルゴリズムを用いており、254ポイントで顔の特徴を取得。性別、年齢、肌のキメ、肌の色、表情、肌の状態など、複数の要素から自撮りの特徴を分析することにより、撮影した画像1枚ずつ、ユーザーに相応しいカスタマイズ、パーソナライズされた美肌効果を適用した写真撮影を行うことができる。

またAndroid7.1ベースのOSで、2つのアプリを同時に開く機能、複数アプリを画面分割して同時表示する機能、視力保護モード、ゲームの高速化、キッズモードなどの機能が含まれている。

 

OPPO R11s の注意点

公式サイトのスペック一覧には搭載センサーが記載されていないため、ジャイロセンサーなどの高性能なセンサーが搭載されているか不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。