-スマホ比較
-, , ,

Intel Mac用の仮想マシン環境ソフト、Parallels Desktop 13が火曜日に公式にリリースされた。

Parallels Desktop 13には、macOS High SierraとWindows 10 Fall Creators Updateのサポートを含む多数の新機能が搭載されている。

一番の注目点は、Touch Barのサポートで、MacBook ProユーザがOLEDタッチバーでMicrosoft Outlook、Excel、PowerPointを使用できるようになっている。

タッチバーウィザードを使用すると、タッチバーをカスタマイズしてお気に入りのWindowsアプリケーションを追加することもできる。


新しいPicture-in-Pictureモードは、ユーザーが仮想マシンをモニタできるようにサポートしている。

今後のWindows 10 People Barのサポートにより、ユーザーはWindowsタスクバーまたはMac Dockの最近の連絡先を表示することができる。

Parallels Desktop for Mac Pro Editionを使用すると、Windowsファイルとドキュメントへのアクセスが従来のバージョンに比べて47%以上、USB 3.0とThunderbolt SSDデバイスを通じて高速ファイル転送が行え、1仮想マシンあたり32 vCPUと128GB vRAMまで対応することができる。

Parallels Desktop 13の料金は、新しいライセンスで79.99ドルとなっている。

Parallels Desktop for Home and Studentの既存ユーザーはバージョン13に49.99ドルでアップグレードすることができ、Desktop Pro Editionのユーザーは同じ価格(通常99.99ドル)でアップグレードできる。

コメント投稿

-スマホ比較
-, , ,

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.