-話題ツイートまとめ

瞬く間に人気サービスとなったPeing(質問箱)

最初は個人で運営されていたのですが、あまりの人気ぶりに「ジラフ」という企業へ譲渡。

中国語や英語などの多言語に対応して、国際サービスへの展開を積極的におこなっていますが、いつのまにか利用規約に「運営側がすべてのコンテンツ(質問と回答含めて)についてを無償で自由に利用できる」という条文が挿入され、これがネット民の反発を招いています。

反発について「ジラフ」は特にコメントは出していません。

 

ネット上では「代わりはマシュマロかなぁ」「質問が画像で表示されるものが良いんだけど」というコメントが投稿されています。

元ツイート

ツイッターの反応

コメント投稿

-話題ツイートまとめ

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.