Sharp android one X1 の特長・スペック・価格比較・注意点まとめ

Sharp android one X1 の特長

Sharp android one X1はAndroid Oneシリーズで初めてFeliCaに対応したモデルで、デジタルウォレット「Android Pay」を利用することも可能。

また、よりクリアな音声通話を実現する「VoLTE(HD+)」による音声通話サービスに対応し、Google の機械学習や自然言語処理の技術と、Google のさまざまな製品を組み合わせることで、自然に会話しながら利用者の知りたいことややりたいことをサポートしてくれる「Google アシスタント(日本語版)」も利用可能。

Sharp android one X1_00002

3,900mAhの大容量バッテリーと省電力技術に優れた5.3インチのIGZO液晶ディスプレーなどによって、4日間を超える電池持ちを実現している。

選りすぐりのGoogle アプリをプリインストールされており、「Google 音声検索」や「Google マップ」「YouTube」といった、頻繁に利用されるGoogleの標準アプリケーションを中心に、利用頻度の高いアプリケーションだけを搭載しているため、分かりやすく、使いやすいのが特長。

最新のバージョンのAndroidを利用できることに加え、セキュリティのアップデートが毎月提供される。

 

Sharp android one X1 の注意点

ワイモバイルからの発売となるため、ワイモバイルでのみ入手可能。

Androidの最新バージョンについては、発売から18カ月間に最低1回以上のアップデートを保証するものとしている。

 

Sharp android one X1のソフトウェア・アップデート方法

メインメニューから

  • アプリ一覧から【設定】を選択
  • 【端末情報】を選択
  • 【システムアップデート】を選択
  • 【アップデートをチェック】を選択
  • 【再起動してインストール】を選択

ビルド確認方法

2本指でステータスバーを下にスライド

右上のクイック設定アイコン→端末情報→ビルド番号

最新ビルド番号:S0009

 

 

Sharp android one X1 の特長・スペック・価格比較・注意点まとめ” に対して1件のコメントがあります。

  1. テクノロジー より:

    x1を使ってるがヤフーニュースを見た時、部分的な画像の読み込み時間が4秒と長く、もたつく。どうも、スナドラ430というミドルクラスのレベルの低いCPUに問題があり期待外れだった。その反面、最上位機種の、ギャラクシーやXペリアなんて読み込み時間は感じない程、サクサクと処理能力が大変高く操作しやすい。電波そのものの通信速度が高くても機種のCPU(心臓部)が低けりゃ、操作し辛いものだった。結局、格安スマホは安いなりにどこか難があるものだった。6万円台の物が実質1万円台で買えたのには、訳があったんだな。愕然とするよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。