Sharp AQUOS R compact の特長・価格比較・スペック・注意点まとめ

Sharp AQUOS R compact の特長

Sharp AQUOS R compactは、2017年冬モデルとして発表されたSharp AQUOS Rシリーズの新機種。

特長としては、4.9インチFHD+(2030×1080)のIGZOディスプレイを搭載しており、エッジを極限まで狭くした「EDGEST fit」で、ディスプレイの大きさと本体の大きさがほとんど同じとなっている。

また画面スクロール時の文字の残像を抑えるようにる120Hz 駆動ハイスピードIGZOディスプレイを搭載。

メインカメラは焦点距離約25mm、インカメラは広角レンズを搭載。メインカメラにはハイブリッドAFを採用しており、瞬時に被写体にフォーカスすることができるようになっている。

また防水・防塵も対応しており、IPX5、IPX8/IP6Xとなっている。

 

2018年3月13日よりソフトバンクとサントリーがコラボした「北海道ボス電」「東北ボス電」「九州ボス電」のプレゼントキャンペーンが開始され、電子マネー「楽天Edy」を100万円分チャージされている「AQUOS R compact」が当たる。

ソフトバンク

 

Sharp AQUOS R compact の注意点

ベゼルレスデザインだが、Galaxy S8iPhone Xのような極限ベゼルレスではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。