Trinity NuAns NEO Reloadedの特長・スペック・価格・注意点まとめ

Trinity NuAns NEO Reloadedの特長・いいところ

Trinity NuAns NEO

Trinity NuAns NEO Reloadedは、おサイフケータイに対応しているため普段使いから支払いまでTrinity NuAns NEO Reloadedのみで外出などができてしまう。

また、Trinity NuAns NEO Reloadedの最大の特徴といえる約700種類のボディーカスタマイズが可能とバリエーションが豊富。

Trinity NuAns NEO

Trinity NuAns NEO Reloadedは現在最新のAndroid7.1を搭載したため、安心のセキュリティパッチやアップデート配信を受けることが可能。

Trinity NuAns NEO Reloadedのディスプレイは、曲面ガラスでも割れにくい「DragontrailPro」採用したため、万が一手を滑らせて落としてしまってもガラスが割れる可能性を防ぐことができる

 

Trinity NuAns NEO Reloadedの悪いところ

Trinity NuAns NEO Reloadedは、USBはまだ一部の機種のみにしか対応していないTypeCを採用している。

Trinity NuAns NEO Reloadedの本体が少し厚めで、人によっては不満を感じるかもしれない。

また価格は本体のみなので別にカバーを買う必要があることには注意。

Trinity NuAns NEO Reloadedのカメラは比較的高性能だが、20MPもないので本当にきれいな写真を撮りたければ一眼レフやもっとカメラが高性能な端末を買う必要があります。

Trinity NuAns NEO Reloadedの価格が40,000~50,000円とそれなりの値段がするので、人によっては少し手が出しにくい値段となってしまっている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。