UPQ Phone A01X のいいところ・残念なところ・スペックまとめ

UPQ Phone A01X の特長・いいところ

UPQ Phone A01Xはとにかくコストパフォーマンスが良い。

1万円前後でスマホを持つことができ、スペックもAndorid 5.1 OS、1.3GHz クアッドコアのCPU、1Gのメモリ、16Gの内蔵ディスクを搭載。

upq_phone_A01x_4color_web

 

対応バンドも4G LTEバンド1、バンド3、バンド19、バンド28に対応している。

さらにUPQ Phone A01Xは、デュアルSIMに対応しているため、日本国内SIMカードと海外現地SIMカードを同時に挿入しておけば、差し替えの手間なくSIMを利用することが可能。

UPQ Phone A01Xのバッテリーも自分で交換可能な仕様になっている。

UPQ Phone A01Xのカメラは500万画素のリアカメラと200万画素のフロントカメラを搭載し、ピースサインや笑顔で自動シャッターを切ったり、肌をキレイに撮影するモードなど細かな機能が多数搭載されている

UPQ Phone A01X の残念なところ

UPQ Phone A01Xのスペックは価格とトレードオフになるので仕方ない部分があるが、メモリ1G、内蔵ディスク16G、ディスプレイサイズ4.5インチとそれなりのスペック。

カメラも500万画素+200万画素のため、写真にこだわりたい方は物足りないかもしれない。

またデュアルSIMだがデュアルスタンバイには対応していない。

 

UPQ Phone A01X の関連ニュース

UPQ Phone A01X、バッテリー焼損事故による交換対応開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。