Xiaomi Mi 6 (64G) の特長・価格比較・スペック・注意点まとめ

Xiaomi Mi 6 (64G) の特長

Xiaomi Mi 6 は、高性能を誇るSnapdragon835や最新のLPDDR4メモリを6GB搭載しているハイスペックモデル。

Xiaomiなのでそこそこ流通量があり、AntutuBenchmarkで18万近くをたたき出すなど、スマートホンにガジェットとしての高性能が必要な人にはお勧めできる。

発表当時の64GBで定価40,000円(税抜)弱であったなら爆発的人気を得たのかもしれないが、残念ながら今は性能に応じた相応のお値段になっている。(64GBが定価78,000円実売48,000円程度)

デュアルカメラをリアに搭載し、デュアルSIMに対応するなどCPU・メモリ以外もハイスペックとなっている。

 

Xiaomi Mi 6 (64G) の注意点

ヘッドホン端子がないので注意(代わりにUSBtype-C端子とヘッドホン用端子の変換アダプタが付属)

日本の電波バンドも全て対応しているわけではなく一部穴がある点などNFCチップは搭載しているものの、おさいふケータイなどの日本固有の機能はほとんど使用できないこと。

自分の使いたいSIMや条件などを吟味し、実際に使って問題ないかなどを事前に調べておかないと難しいかもしれない。

現在Xiaomiの正規代理店でも扱ってない場所が多いので、海外通販サイト経由で購入する必要がある。

セラミックブラックカラーは128G専用カラーとなっており、64Gモデルにはセラミックブラックカラーはない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。