ZTE Blade S6 のいいところ・残念なところ・スペックまとめ

ZTE Blade S6 の特長・いいところ

ZTE Blade S6はミドルレンジ機種として販売されているが、値段が現時点で12,800円と非常に安くコストパフォーマンスに優れた一台になっている。

ZTE Blade S6

ZTE Blade S6の特徴的な点はスマホの画面を開かずに操作できるジェスチャー&モーション機能で、スマホを振って動かす・画面に手をかざす・音量ボタンを押すなどの操作で電話の発信や着信を受けたり、ライトを点けたり音楽を再生したりといった操作を手間無く行えること。

またZTE Blade S6はオーディオデバイスのAK4375Aを搭載しており、高品位なサウンド再生が可能。

 

ZTE Blade S6 の残念なところ

ZTE Blade S6は2016年春のモデルなので、2017年の現在では後継機種の発売により在庫が少なくなっている。

公式サイトにはコジマやヨドバシカメラで取り扱っていると書かれているが、現時点では購入不能。

またZTE Blade S6はコストパフォーマンスに優れてはいるものの、現行のミドルレンジ機種と比べると性能はさすがに劣っている点に注意。

SIMスロットが1つなので、デュアルスタンバイ非対応であることにも気をつけよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。