-スマホスペック・評価まとめ

⇛スマートフォンスペック別 検索はこちら

ZTE MONO MO-01K のスペック概要

ZTE MONO MO-01K のスペックは、ディスプレイが5型ディスプレイ(1280×720px)、「Qualcomm MSM8940」8コアプロセッサー、3GBメモリー、32G内蔵ディスク、2800mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 7.1」をプリインストールしている。

ZTE MONO MO-01K のカメラの画素数は、リアカメラ:1320万画素、フロントカメラ:500万画素を搭載している。

カラーは、ホワイト 、グレイブラックの2色が用意されている。

その他機能としては、Bluetooth4.2機能を搭載。

ZTE MONO MO-01K の特長

ZTE MONO MO-01Kは、Docomoの2017-2018年冬春のモデルとして販売されるZTE社製スマホ。

高さ約14.2cm×幅約6.9cmのコンパクトボディと5インチディスプレイを搭載しており、標準的なスペックが2万円台で入手することができるため高いコストパフォーマンスを誇る1台となっている。

アウトカメラ/約1320万画素、インカメラ/約500万画素を搭載しており、画面を立ち上げずにスライドさせるだけで消音できるマナーモードスイッチや電源ボタン2度押しでカメラが立ち上がる“クイックスタート”と便利機能も多数搭載。

両面に曲面強化ガラス(Dragontrail)を使用しており、防水(IPX5/7)/防塵(IP5X)にも対応している。

 

ZTE MONO MO-01K の注意点

コストパフォーマンスを極限に高めるため、余計な機能はすべて削っている。

例えば、おサイフケータイ・指紋認証・ワンセグなど日本市場でのスマホには基本的に搭載されている機能は、ZTE MONO MO-01Kにはない。

ZTE MONO MO-01K の各キャリアLTE・3G対応一覧

ZTE MONO MO-01K のLTE周波数対応は、 1, 3, 19, 21 bandに対応しており、docomo、au、softbank、Y!mobileに対応。

プラチナバンドは、docomoに対応。

詳しいLTE対応スペックは、こちらのスペック表参照

ZTE MONO MO-01K の3G周波数対応は、 公開されていないため不明。

詳しい3G対応スペックは、こちらのスペック表参照

山間部などのLTE範囲外の地区では、3Gの800MHz(Band6)帯では「FOMAプラスエリア」に対応していることが必要だが、3Gの800MHz(Band6)帯 に対応しているか不明。

LTE・3G周波数一覧表。ドコモ、au、ソフトバンクなどの使用Bandをまとめてみた。

ZTE MONO MO-01K の動作確認済みSIM・価格比較

動作確認
一括払い 25272円
24回払い 1053円/月

ZTE MONO MO-01K イメージ

ZTE MONO MO-01K のスペック一覧

基本仕様

機種名 MONO MO-01K
メーカー名 ZTE
小売希望価格 25272円
発売日 2017/12/31
OS Android 7.1
本体サイズ(幅x高さx厚み) 69 x 142 x 8.9 mm
本体の重さ 150 g
CPU Qualcomm MSM8940
CPUコア数 8コア
ディスプレイサイズ 5インチ
ディスプレイ解像度 1280 x 720
メモリ(RAM) 3G
ストレージ(ROM) 32G
バッテリー容量(mAh) 2800mAh
カラーバリエーション ホワイト
グレイブラック

カメラ性能

背面カメラ画素数 1320万画素
背面カメラ2画素数
前面カメラ画素数 500万画素
前面カメラ2画素数
4K撮影対応(ビデオキャプチャ)
手ブレ補正

ネットワーク

Wi-Fi