-カメラアプリレビュー

無音カメラとは?

無音カメラは、とにかく無音でカメラが撮れる、という一言のカメラアプリ

こちらでは、無音カメラアプリの使い方やアプリの特徴を説明しています。

ペットや子供たちの寝顔も静かにそーっと撮影できます。

動画は撮れませんが、50枚の連続撮影とそこからGIFアニメも作成できます。

 

無音カメラの特徴#1

シャッター音が無音になる、という機能は使いたい場面が多いわりには通常のスマートフォンカメラには備わっていない機能です。

音を立てると驚いてしまうペットの撮影、寝ている子供たちの撮影など、静かに写真を撮りたい時には重宝します。

他にもスーパーで見かけた献立レシピやチラシなどをメモ代わりにこっそり撮影したりも便利です。

もちろんアウトドアでも、キャンプや釣り、動物園やバードウォッチングなど家族でお出かけした時も野鳥や動物たちを刺激することなく撮影に浸れます。

起動が素早いので場合によってはスマートフォン搭載のカメラよりもスムーズに撮影に入れます。

無音カメラの特徴#2

50枚もの連射撮影が可能です。

速度は超高速で、他の連射機能カメラよりも早い印象です。

さらに連続撮影をオンにしておけば、50枚の連射撮影が終わってすぐに次の連射撮影に移行できるため、実質的に動画を撮影しているのとほとんど変わらない撮影が可能です。

それぞれのショットを確認して、よりベストな状態の写真を選択したり破棄するのも楽チン。

ペットや動き回る子供たちを連続撮影していれば、狙っているだけでは絶対に撮れないような貴重なワンシーンがどっさり収穫できちゃいます。

エフェクト処理やタイマーももちろん搭載されているので、撮影者も一緒にフレームに収まることもできます。

無音カメラの特徴#3

連射撮影した写真群をもとに、GIFアニメーションとして加工できます。

GIFアニメにすることで動画とほとんど変わらないのに容量の軽いアニメが完成します。

LINEやメールなどで他人に見てもらう際、あるいはブログやその他のマイスペースに投稿する際などは動画にするよりも容量の軽いGIFアニメのほうが通信速度やダウンロード時間でまごついたり、時間を取られることがありません。

もちろんエフェクト処理もGIFアニメに反映できるため、加工された写真はそのままでGIFアニメに保存できます。

アニメに変換するのもたったのワンタップで済むので簡単。

無音カメラを使ってみた感想

無音カメラ、というだけの目的で使用してみたら意外な機能に嬉しいながら驚いて使っていました。

ペットが特にハムスターなど小動物の場合、犬や猫よりも素早い動きが多いので写真が欲しい場合は連射機能と連続撮影は必須と言っていいほど。

連射したなかからベストなものを自分で選んで保存できるというのも操作が分かりやすくてシンプルなので簡単でした。

GIFアニメは主に自分のスマートフォンに保存用として撮り溜めています。

普通に撮影したデータよりも容量が少なくて済むのでストレージを圧迫せず助かっています。

そのまま友人知人にアニメをLINE等で共有し、見てもらうのも通信速度を気にせず素早くできました。

無音カメラをダウンロードする

無音カメラ:iOSをダウンロードする

無音カメラ:Androidをダウンロードする

コメント投稿

-カメラアプリレビュー

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.