シャープ RoBoHoN Wi-Fiモデル SR-02M-W のいいところ・残念なところ・スペックまとめ

シャープ RoBoHoN Wi-Fiモデル SR-02M-W 特長・いいところ

シャープ RoBoHoN Wi-Fiモデル SR-02M-Wは、従来モデルのシャープ RoBoHoN SR-01M-Wのwifiモデル。

性能やスペックなどはシャープ RoBoHoN SR-01M-Wと全く同じとなっており、価格が従来型より60,000円も安くなっている。

電話というよりコミュニケーション用ロボットとして見たほうがよく、会話したり、二足歩行したり、踊ったりすることができる。

普通の携帯電話と同じく、メッセージ送信やカメラ撮影やアプリをインストールして機能を拡張することができる。

 

 

シャープ RoBoHoN Wi-Fiモデル SR-02M-W の残念なところ

スペックがシャープ RoBoHoN SR-01M-Wとまったく同じだが、後継機はスペックアップしておいてほしかった。

従来型の価格「198,000円」より60,000円もコストダウンして「138,000円」で入手できるが、まだ割高感が否めない

「ロボホン」を使用するには、月額税別980円の「ココロプラン」に加入する必要がある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。