-スマホスペック・評価まとめ
-

⇛スマートフォンスペック別 検索はこちら

京セラ DIGNO rafre KYV40 のスペック概要

京セラ DIGNO rafre KYV40 のスペックは、ディスプレイが5型ディスプレイ(1280×720px)、「MSM8937」8コアプロセッサー、2GBメモリー、16G内蔵ディスク、3000mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 7」をプリインストールしている。

京セラ DIGNO rafre KYV40 のカメラの画素数は、リアカメラ:1300万画素、フロントカメラ:500万画素を搭載している。

カラーは、ペールピンク 、クリアホワイト 、ライトブルーの3色が用意されている。

その他機能としては、手ブレ補正、ワンセグ、Bluetooth4.2機能、おサイフケータイ機能、赤外線センサーを搭載。

京セラ DIGNO rafre KYV40 の特長・いいところ

京セラ DIGNO rafre KYV40は、子育てをするママをターゲットにしたDIGNO rafre KYV36の後継機種。

DIGNO rafre KYV36の大きな特長であった泡ハンドソープで洗えるという特長に、新たに泡ボディーソープにも対応している。そのため、手洗いのついでにスマホも洗うことができる。

rafre KYV40_00004

ママにフォーカスしているため、料理中でも手をかざすだけでレシピ等のチェックができる「クックビュー」アプリを搭載

rafre KYV40_00003

本体はIPX5/8の防水性能を持っているため、京セラ独自に温水防水(43度以下)にも対応。

京セラ DIGNO rafre KYV40のスペックとしては本体の大きさ71×142×10.4mmで重さが159gと比較的小さく軽めなのでママには持ちやすい設計になっている

 

京セラ DIGNO rafre KYV40 の残念なところ

京セラ DIGNO rafre KYV40はAUからのSIMロックでの発売になっているため、AU限定で購入が可能となっている点。

AUで契約すると実質本体価格2万円前後まで落ちるが表示価格は4万円台とスペックの割には割高な点が挙げられる

京セラ DIGNO rafre KYV40 の各キャリアLTE・3G対応一覧

京セラ DIGNO rafre KYV40 のLTE周波数対応は、 1, 11, 18, 26, 28 bandに対応しており、docomo、au、softbankに対応。

プラチナバンドは、docomo、auに対応。

詳しいLTE対応スペックは、こちらのスペック表参照

京セラ DIGNO rafre KYV40 の3G周波数対応は、 公開されていないため不明。

詳しい3G対応スペックは、こちらのスペック表参照

山間部などのLTE範囲外の地区では、3Gの800MHz(Band6)帯では「FOMAプラスエリア」に対応していることが必要だが、3Gの800MHz(Band6)帯 に対応しているか不明。

LTE・3G周波数一覧表。ドコモ、au、ソフトバンクなどの使用Bandをまとめてみた。

京セラ DIGNO rafre KYV40 の動作確認済みSIM・価格比較

動作確認
一括払い 43200円
24回払い 1800円/月

京セラ DIGNO rafre KYV40 イメージ

京セラ DIGNO rafre KYV40のスペック一覧

基本仕様

機種名 DIGNO rafre KYV40
メーカー名 京セラ
小売希望価格 43200円
発売日 2017/02/24
OS Android 7
本体サイズ(幅x高さx厚み) 71 x 142 x 10.4 mm
本体の重さ 159 g
CPU MSM8937
CPUコア数 8コア
ディスプレイサイズ 5インチ
ディスプレイ解像度 1280 x 720
メモリ(RAM) 2G
ストレージ(ROM) 16G
バッテリー容量(mAh) 3000mAh
カラーバリエーション ペールピンク
クリアホワイト
ライトブルー

カメラ性能

背面カメラ画素数 1300万画素
背面カメラ2画素数
前面カメラ画素数 500万画素
前面カメラ2画素数
4K撮影対応(ビデオキャプチャ)
手ブレ補正

ネットワーク

Wi-Fi IEEE802.11 a, IEEE802.11 b, IEEE802.11 g, IEEE802.11 n, IEEE802.11 ac
対応周波数(バンド) 4G LTE 1, 11, 18, 26, 28
対応周波数(バンド) GSM/GPRS/EDGE
対応周波数(バンド) W-CDMA
SIMスロット数 1
SIMカードタイプ nano SIM
最大microSD カード容量 200G
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)(4G+3G)

その他機能

NFC対応(Near Field Communication)
GPSタイプ GPS
Bluetoothバージョン 4.2
加速度センサ
ジャイロスコープセンサ
近接センサ
光センサ
指紋認証センサ
その他センサ 赤外線センサー
USB接続ポート MicroUSB
耐水・防水機能
HDMI端子対応
フルセグ対応
ワンセグ対応
MHL対応(TVやディスプレイに出力可能か)
ハイレゾ対応(ハイレゾオーディオ)
おサイフケータイ/FeliCa対応
メーカー仕様URL http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/kyv40/

京セラ DIGNO rafre KYV40の各キャリアLTE・3G対応一覧

キャリア対応一覧表(LTE)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank UQ Ymobile WCP
1 2.1GHz -
3 1.7/1.8GHz -
8 900MHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
21 1.5GHz -  ○
26 800MHz -  ○
28 700MHz -  ○  ○
41 800MHz -  ○  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。*Band19はdocomo LTEプラチナバンドで、Band18とBand26はau LTEプラチナバンド、Band8はsoftbank LTEプラチナバンド

キャリア対応一覧表(3G)

バンド 周波数 本機 docomo au softbank Ymobile
1 2.1GHz -
6 800MHz -
8 900MHz -
9 1.7GHz -
11 1.5GHz -
18 800MHz -
19 800MHz -  ○
*表の色付き部分はプラチナバンドと言われる700Mzから900MHz周波数。 *800MHz(Band6とBand19)、はFOMAプラスエリア、900MHz(Band8)はsoftbank プラチナバンド。

  1. 匿名 より:

    昨年末に初スマホを京セラRafreにしましたが、購入後1ヶ月以内にはe-mailが何度もブラックアウトしてsimカードを読み込み直し、1年も経たない今では、ギャラリーやlineもしょっちゅうフリーズしてしまいます。

レビュー投稿


コメント投稿

-スマホスペック・評価まとめ
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.