男性が選ぶ女性から言われたらドキドキするセリフとその理由TOP14、3位:一緒にいたい、2位:かえりたくない、1位は?

いつもは気にしていない女性からでも、あるセリフを言われたらドキドキして突然意識してしまう男性も多いはず。

今回は、20代~40代の100名の男性に「女性から言われたらドキドキしてしまうセリフとその理由は?」というアンケートを取って集計してみました。

是非、気になる人にあった時はそのしぐさをしてみてはどうでしょうか?その男性もそのしぐさにドキッとするかもしれませんよ

男性が選ぶ女性から言われたらドキドキするセリフ ランキングTOP14

14位:大丈夫?

「大丈夫?と心配されたい。」(27歳・フリーター)

「気遣いをしてくれる優しさに触れたときにドキドキする」(34歳・医療専門職

 

14位は「大丈夫?」というセリフでした。「大丈夫?」という心配する優しい気持ちが伝わるセリフが好感度高いようです。

 

13位:一緒にいて楽しい

「一緒にいるのを楽しみにしてくれていたみたいでうれしい」(22歳・技術職)

「楽しみを共有していて幸せを感じる」(31歳・会社員)

 

13位は「一緒にいて楽しい」というセリフでした。純粋に楽しいと表現してくれることが幸せを感じるという声が多かったためランクインとなったようです。

 

12位:相談したいことがあるんだけど・・・

「その後ある程度の時間は二人きりになれると思うとドキドキする」(26歳・メーカー営業)

「頼られていることが分かるから」(42歳・会社員)

 

12位は「相談したいことがあるんだけど・・・」というセリフでした。やはり男性は頼られるのが純粋にうれしいようで、相談を受けた後どうなるのか?という想像もしてしまってドキドキしてしまうみたいですね。

11位:筋肉質ですね

「男として見られているから。」(33才・会社員)

「腕じゃなく、胸周りを見られる方がドキッとして触ってみてもいいですか?とボディタッチされると余計にドキドキします」(39歳・会社員)

 

11位は「筋肉質ですね」というセリフ、まさかのランクインでした。最近筋肉ブームで筋肉を鍛えている男性が多いからか、日ごろのトレーニングの結果の自慢の筋肉を褒められるのは好感度高いようです。筋肉は裏切らない

10位:食事いきませんか

「純粋に好意があると思ってしまうから」(32歳・建設業)

「デートかな?と連想するので。」(21歳・アルバイト)

 

10位は「食事いきませんか」というセリフでした。食事を誘われると自分に好意を持っているのでは?と意識してしまうようで、なかなか女性から誘われると不意を突かれてドキドキしてしまうようです。

9位:かわいい

「シンプルに可愛いと言われたらドキッとします。大人にもなると可愛いと言われることはなかなかないので。」(25歳・会社員)

「可愛いと言われて嬉しくてドキドキしない人いないです。」(27才・会社員)

 

9位は「かわいい」というセリフでした。大人になるとなかなか「可愛い!」と言われることも少なくなるのか、「可愛い」と言われるとドキドキしてしまうようです。

8位:彼女いますか?

「相手から好意があるのかと勘違いしてしまいます」(34歳・会社員)

「もしかして自分に気があるのかなと、勝手に想像してしまいますから」(31歳・会社員)

 

8位は「彼女いますか?」というドキッとするセリフでした。「彼女いますか?」と聞かれると、やはり自分に気があるのかどうなのかという想像が沸き上がってドキドキしてしまうみたいですね。男性を勘違いさせてしまうセリフでもランクインしてしまうワードなので、取扱注意ですが、それくらい威力があるセリフのようです。

7位:私のこと好き?

「本気じゃなくても言われたら幸せになる。」(28歳・会社員)

「基本的に自分は引っ込み思案で奥手なのでこういう形でこられるとドキッとします。」(20歳・会社員)

 

7位は「私のこと好き?」という積極的なセリフでした。「私のこと好き?」と直接的に聞かれることは男性も多くないはずなので、このセリフを言われたら誰でもドキドキしてしまう禁断のセリフのようです。

6位:一緒にいると落ち着く

「ずっと一緒にいたいと言われているような気持ちになるから。」(20歳・学生)

「信頼されている感じがするから。」(33歳・塾講師)

 

6位は「一緒にいると落ち着く」というセリフでした。「一緒にいて落ち着く」ということは、「ずっと一緒にいたい」ということなのかな?という考えが巡るのか、堂々の6位のランクインでした。必要とされているような感じがするという回答もあり、自分が必要とされていることを意識してしまうセリフなのかもしれないですね。

5位:かっこいい

「そのまんま嬉しい。」(28歳・会社員)

「男性としてみられているのではと意識をしてしまうので」(33歳・専業主夫)

「シンプルに褒め言葉は嬉しいしドキッとする。」(23歳・会社員)

 

5位は「かっこいい」というセリフでした。かっこいいと直接的に褒められると、どんな男性でも嬉しくてドキドキしてしまうようです。

気になる男性と会ったら恥ずかしがらずに「かっこいい!」とほめてあげても効果は大のようです。

4位:この後どうする?

「もっと自分と居たいのかなぁ?とか色々考えちゃう。」(28歳・会社員)

「その後に何かあるのかと期待してしまいます。」(28歳・薬剤師)

「帰りたくないのかと思うので、ドキッとします。」(30歳・自営業)

 

4位は「この後どうする?」という魅惑のセリフでした。二次会や飲み会の終わりなどで「この後どうする?」と言われると、二人っきりになりたいのかなぁと想像を巡らせる男性が多いようです。

想像を掻き立てる魅惑のセリフですね。

 

3位:もう少し一緒にいたい

「これはもしかして脈ありかな?と思ってしまいます。」(34歳・会社員)

「いとおしく感じてしまいます。」(26歳・会社員)

「多人数であっても一度は2人きりを想像してしまう。みんなとなのか2人だけなのか考えてドキドキする。」(24歳・無職)

 

3位は「もう少し一緒にいたい」というセリフでした。他にも「特別感を感じれるから」とか「自分に興味を持ってくれていると感じるから」などかなり好感度が高いセリフで、堂々の3位入賞となりました。

このセリフ、酔っぱらって言っても効果はあるようですので、酔っぱらったフリをして言ってみてもOKかもしれませんよ。

2位:帰りたくない・・・

「自分に対して強い信頼を感じるしその夜の展開を期待してドキドキする。」(33歳・営業職)

「自分のことが好きなんだと確信できる。」(28歳・会社員)

「家に帰るよりも自分との時間を優先させてくれ、その後の展開に甘いものを感じるから。」(28歳・会社員)

「自分のことが好きなんだと確信できる。」(29歳・アルバイト)

「一緒にいる事が楽しいという証拠だから。」(25歳・医療業)

 

2位は「帰りたくない・・・」という、こちらも男性を魅了しそうなセリフがランクインしました。「帰りたくない」と言われるとどこで朝まで何をするのか?という想像でドキドキしてしまうのは間違いなさそうです。一緒にいたいんだと感じてもらえるので、相手に意識してもらうには効果的なセリフのようですね。

1位:好き

「ストレートで一番ドキッとする」(21歳・会社員)

「それ以上に伝わる愛情表現が無いと思うから。」(22歳・パート従業員)

「シンプルでドキッとするからです」(28歳・介護福祉士)

「自分を好きでいてくれるのは嬉しい事だから」(23歳・自営業)

 

堂々の第1位はストレートな「好き」というセリフでした。これは男性だからとかではなく、女性でも言われるとドキドキしてしまう最終兵器的なセリフではないでしょうか。アンケート結果でもあったようにこれ以上のない愛情表現だと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。アンケート結果は、かなり割れてTOP14まで広がってしまいましたが、それぞれドキドキしてしまう理由も納得がいくセリフばかりだったのではないでしょうか。

ランキングが高いセリフはどれも「自分のことを好きかもしれない」とか「一夜を共にするかもしれない」と想像を掻き立てるセリフが多かった気がします。

これらのセリフを使ったら、気になる男性もドキドキさせて夢中にさせてしまうかもしれませんので、取扱いにはご注意を。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。