ASUS ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)のいいところ・悪いところ・スペックまとめ

ASUS ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)の特長・いいところ

Asus-Zenfone-3-Ultra-2

ASUS ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)は、高音質音源「ハイレゾ」に対応しており、元の音源により近い本物のサウンドを手軽に体感することができる

さらにASUS ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)はDTSHeadphone:Xにも対応しており、イヤホンやヘッドフォン使用時は7.1chのバーチャルサラウンドサウンドで、まるで映画館やライブハウスにいるかのような立体的なサウンドを楽しむことができる

ASUS ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)は、PixelMaster3.0というシステムを採用。見たままの世界をとらえるためにPixelMaster3.0には、2300万画素センサー、F値2.0の大口径レンズ、被写体を追跡し、どんな距離、明るさでも、わずか0.03秒の高速オートフォーカスを実現する「TriTechオートフォーカス」が搭載されている。

ASUS ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)は、ブレのない写真や動画を撮影できる光学式と電子式の両方の「手ぶれ補正」、本来の色味を再現する「PixelMaster3.0」の採用、スマートフォンのカメラの常識をくつがえす一台となっている。

ASUS ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)の悪いところ

ASUS ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)は、デュアルSIMを採用しているため、かけ放題の通話用SIMと格安なデータ通信用のSIMを同時に使うことができ、複数のSIMを使い分けることで料金を最適化することが可能。

ただ、ASUS ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)のデュアルSIMには落とし穴があり、2つ目のSIMスロットがSIMカードとSDカードの共用になっているため、SIMカードを使えばSDカードは使えないという仕様になっている。

逆にSDカードを使えばSIMカードが使えない。

なのでASUS ZenFone 3 Ultra(ZU680KL)でデュアルSIM化を実現するためには、SDカードを諦めるしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。