FREETEL Priori 4のいいところ・残念なところ・スペックまとめ

FREETEL Priori 4の特長・いいところ

FREETEL Priori 4の最大の特徴として、2017年1月に発売されたにもかかわらず値段が安いことが挙げられる。

FREETEL Priori 4の前機種と比べて様々なセンサーを搭載し、ポケモンGoなども遊べるようになっているが、本体希望小売価格14,800円とコスパが非常によい。

FREETEL Priori 4

また、FREETEL Priori 4は大容量バッテリー(4,000mAh)を搭載しているので、バッテリー切れの不安もなくなった。本体カバーについても最初から6色同梱されているので、日によって自分で好きな色のカバーに付け替えることができる。

FREETEL Priori 4_1

将来Android6.0からAndroid7.0へのバージョンアップも予定されている

FREETEL Priori 4の残念なところ

FREETEL Priori 4は、とりあえず、最初に驚いたことが起動音がうるさいという評判が多い。

FREETEL Priori 4のサイレントモードにしておけば音は鳴らないが、少しでも音量を上げていると大ボリュームで鳴る。

電車の中などで起動すると、周りから冷たい目線で見られると思うので注意が必要。

次に、FREETEL Priori 4にはAndroidUIとFreetelUIの2種類あり、設定で切り替えられるようになっているが、AndroidUIの時に再起動するとFreetelUIへ勝手に切り替わったりする。

そうなった場合は再度設定し直して、もう一回再起動する必要がある。

 

FREETEL Priori 4のソフトウェア・アップデート方法

通知が来ている場合

通知をタップして、ガイダンスに従ってアップデート。

 

通知が来ていない場合

「設定」アイコン > 「端末情報」 > 「ワイヤレスアップデート」の順にタップして、「最新バージョンのファイルがあるか確認します」をタップ

ガイダンスに従ってアップデート。

 

ビルド番号の確認方法

「設定」アイコン > 「端末情報」の順にタッチし、最下部の「ビルド番号」

最新ビルド番号:FREETEL_FTJ162D_20170914_1455

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。