-スマホスペック・評価まとめ
-

⇛スマートフォンスペック別 検索はこちら

プラスワン・マーケティング FREETEL SAMURAI KIWAMI 2 のスペック概要

プラスワン・マーケティング FREETEL SAMURAI KIWAMI 2 のスペックは、ディスプレイが5.7型ディスプレイ(2560×1440px)、「MediaTek Helio X20」10コアプロセッサー、4GBメモリー、64G内蔵ディスク、3400mAhバッテリーを搭載。OSは「Android 6」をプリインストールしている。

プラスワン・マーケティング FREETEL SAMURAI KIWAMI 2 のカメラの画素数は、リアカメラ:1600万画素、フロントカメラ:800万画素を搭載している。

カラーは、メタルシルバーの1色が用意されている。

その他機能としては、4K撮影機能、手ブレ補正、ジャイロスコープセンサ、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、Bluetooth4.1機能、ジャイロスコープセンサ、指紋認証センサ、e-compass 、重力センサー 、気圧センサー 、磁気センサーを搭載。

FREETEL SAMURAI KIWAMI 2 の特長・いいところ

FREETEL SAMURAI KIWAMI 2は、フルメタルボディの重厚なフォルムに高いスペックを閉じ込めたスマホ。

FREETEL SAMURAI KIWAMI 2のCPUがなんと10コアもあり、ネットサーフィンからゲームまでサクサク動作。

FREETEL SAMURAI KIWAMI 2

メモリも4GB、内蔵ディスク容量も64GBあり、写真から動画まで満足に保存可能。

FREETEL SAMURAI KIWAMI 2のディスプレイは有機ELディスプレイなので画面が非常に鮮やかなのが特徴で、解像度も1440×2560と高画質。

カメラは4K撮影に対応し、機能も充実しているため本格的な撮影も楽しめる。

 

FREETEL SAMURAI KIWAMI 2 の残念なところ

コストパフォーマンスに優れたスマートフォンがウリのFREETELとはいえ、FREETEL SAMURAI KIWAMI 2はハイエンドモデルなので49,800円と値段が高くなっている。⇛2017年6月9日より、39,800円に値下げされている。

おサイフケータイなどの三大キャリア機種に搭載されている機能がないほか、特に注意したいのがmicroSDに非対応なところ。

以前使っていたスマートフォンからデータを移し変えたり渡したりといった時に不便。

また、FREETEL SAMURAI KIWAMI 2のバッテリーのみ3400mAhとミドルレンジ機種同様なので、電池切れには気をつけよう。

コメント投稿

-スマホスペック・評価まとめ
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.