-スマホ比較
-

第2回目のGoogle for Indonesiaイベントで、Bahasa IndonesiaにおけるGoogleアシスタントやYouTube Goの追加など、最新のアップデートを多数発表した。

Googleアシスタントは、その国の母国語をサポートすることで、世界的な拡大を続けている。

現在AndroidとiOS向けのGoogle Alloに限定されているが、ユーザーはインドネシア語で質問することができるようになっている。

動画のダウンロードサービスであるYouTube Goは、「インドネシアでももうすぐリリースする」という目標を掲げている。

他のアプリのアップデートとしてはGoogleアプリのショートカットが含まれていますが、検索結果は地域にカスタマイズされた健康に関する検索結果を追加する。インドネシアには、既に一般的な700の健康状態のデータベースがあるとしている。

また、Wazeはハンズフリーの音声コマンドを地域言語対応化し、道路名でナビゲーションすることができるようになっている。

最後に、高速で信頼性の高いWi-Fiホットスポットを展開するGoogle Stationが発表された。FiberStarとCBNと協力して、JavaとBaliで開始される。

Googleはまた、2020年までに10万人のAndroid開発者を養成するプログラムを発表し、Primerというアプリを立ち上げてインドネシアの起業家を養成してビジネスを促進する予定と発表している。

コメント投稿

-スマホ比較
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.