-スマホ比較
-, ,

iOS 11では、必要に応じて緊急サービスを簡単に呼び出すための「Emergency SOS」機能が追加されることが明らかになった。

Emergency SOSには副次的な利点があり、Touch IDをすばやく離散的に無効にする方法になっている。

iPhoneのスリープ/スリープ解除ボタンを5回連続して押すと、Emergency SOSが起動し、コード認証が完了すると、iPhoneの電源を切ったり、医療ID(記入済みの場合)を表示したり、緊急電話をかけるためのボタンが表示される。

スリープ/スリープ解除ボタンを5回押してからキャンセルを押すと、タッチIDが無効になり、タッチIDを再び有効にする前にパスコードが必要になる。

この機能は、誰かが強盗や逮捕などの指紋で携帯電話のロックを解除できるようになる可能性がある状況で、Touch IDを離散的に無効にできるため、便利な隠し機能となっている。

スリープ/スリープ解除ボタンを押してからキャンセルをタップすると、デバイスが最後に指紋でロックされてから48時間以上経過したときと同じ方法で、iPhoneがロックされる。

AppleのEmergency SOS機能は、iOS 11を実行するiPhoneで利用できるようになる。

iOS 11は、現時点で開発者と公開ベータテスターに提供されており、9月には新しいiPhoneと共に公開される予定としている。

via macrumors

コメント投稿

-スマホ比較
-, ,

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.