-スマホ比較

iOS 12はリリースされていますので、iOS 13がどのようになるか考察してみました。

おそらくiCloud Photo Libraryが大きく変更になるのではないかと考えられています。

iCloudでの顔のスキャンと同期

iOS 11ではiCloudに顔を同期させる機能が追加されましたが、デバイスはまだライブラリ全体をスキャンしています

アップルはプライバシーに対する強いポリシーを持っていますが、実際の顔のデータをiCloudに同期させる方法を見つけたので、iCloudにスキャンをさせるでしょう。

このプロセスは最悪の部分と考えられています。大きなライブラリがある場合は、初期スキャンを実行するのにかなりの時間がかかることがあります。また、デバイスが接続されてスキャンされるまで、新しい写真のFacesデータは表示されません。バッテリーを節約するために行われていることは分かっていますが、これをiCloudにオフロードすると、その懸念が緩和されます

家族の写真の共有

第2の弱点は、iCloudフォトライブラリ用に設定された家族が利用できないことです。

Appleは共有アルバムを提供していますが、家族は単一のライブラリを共有する方法がありません。

幼い子供の親がたくさんの写真を持っていますが、それらを共有する自動的な方法がないという事実は、困難なワークフローを作り出します。

現在の解決策は、妻のカメラロールをDropboxにアップロードするように設定してから、Wi-Fiに接続してからMac上の写真にインポートすることです。その後、自分のiPhoneに同期して、Googleフォトからアップロードされます。

iOS 12では推奨される共有通知が追加されましたが、この状況で使用するのは面倒です。この機能は、複数の写真を友人とイベントから共有しようとすると効果的ですが、市場で望まれているのは、ライブラリに追加するiPhoneからの写真の1つでした。

 

キャッシュの制御の強化

iOSとmacOSの両方で、Photosアプリケーションがオフラインにできるキャッシュの量を制御できるようなるかも知れません。

iOSとmacOSの両方が自由空間を維持するという素晴らしい機能があることを知っていますが、それがどれくらいのスペースを使っているかをさらにコントロールしたいと考えています。ここでのアイデアは、iCloudが使用できる最大GB使用率を設定することです。 iOSでは、iCloud Photo Library用に10GB以下(64GBの電話を使用)を使用することができます。

コメント投稿

-スマホ比較

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.