スマホ比較

iOS11ベータ版のコードに「Apple Pay Cash card」の記述。個人間送金が近い将来可能に?

更新日:

-スマホ比較
-, ,

WWDC 2017で発表されて以来、Appleの個人から個人への送金サービスに関する情報は少ない。iOS 11ベータ版にも登場していないため、今年後半に公式発表が期待されている。

Apple Payフレームワークのコード分析により、Apple Pay Cashがどのように機能するのかという詳細情報がリークされた。

Apple Pay Cashは、ユーザーが運転免許証や写真付きのIDを使用してサービスを認証する必要があるかもしれないということがわかった。

Appleは、個人から個人への支払のためのアップルペイサービスを提供したいと考えており、iMessage Appとしてメッセージに統合を予定しているという。

送金するときは、Touch IDで安全に認証され、iMessageでお金を受け取った場合は、Apple Payに登録されている講座に送られる。友人や家族に送金することもできる。

今回のコード分析で、Appleの支払いプロセスが今年秋にも明らかになることを示しており、 「Apple Pay Cash」で作動するのは、ユーザーIDの確認・振込手数料・Apple Pay Cashカードと言われてる。

注目すべき点は、個人間でお金を送金する前に、ユーザーは運転免許証や写真付きの身分証明書をアップロードして認証する必要があるということ。

認証に失敗すると、ユーザーは[メッセージ]から支払いを行うことができなくなる。

クレジットカードを使用すると手数料を支払う必要があるかもしれないと推測されている。

コメント投稿

-スマホ比較
-, ,

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.