-スマホ比較
-

Macお宝鑑定団は、来月発表される予定のiPhone 8にワイヤレス充電機能を搭載していることを報告している。

サイトによると、アップルは低速の標準充電プロファイルを使用することを決定しており、誘導充電は最新のQi 1.2規格の約半分の7.5Wで動作するとのこと。

情報筋によると、Apple社はサードパーティ製充電パッドにMFI認証を要求するかもしれず、その場合既存のQi充電アクセサリがサポートされないかもしれない。

以前の噂ではiPhone8は、ワイヤレス課金機能がソフトウェアレベルで有効化されていない可能性があるとされていた。

誘導充電機能は、将来のソフトウェアアップデートで有効になる模様。

ワイヤレスチャージは、2017年の新iPhoneすべてで搭載されるという。

またVenya GeskinによるiPhone 8プリント回路基板の写真がリークされている。

Appleが最先端のL字型の積み重ねられた基盤を使用するという噂があったが、このリークでその噂を裏付けるものとなった。

この写真は、2つのプリント回路基板(PCB)の1つだと考えられている。

プリント回路基板とは、電子部品を固定して配線するための電気製品の主要な部品の1つである。

このプリント回路基板により、省スペースを実現できるためバッテリー容量が多く搭載できると考えられている。

iPhone 7には1,960 mAHのバッテリーが搭載いるが、iPhone 8のバッテリーは2,700 mAHを超えると思われる。

コメント投稿

-スマホ比較
-

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.