-Appleニュース

先週のアップルのイベントで注目に値するのは、2017年9月のイベントでもともと発表されたAirPowerでした。 AirPowerは、最大3台まで同時に充電できる充電マットですが、最近の報告によると、アップル社はアクセサリに関する一連の工学的問題にぶつかっているとのことです。

現在、iPhone XSパッケージとiOS 12.1は、AirPowerがまだ死んでいないことを示唆しています。

AirPowerは、3つの異なるQiチャージャーの単純な組み合わせではなく、マットの任意の領域にデバイスを配置できるQi規格の拡張版です。また、iOSとの緊密な統合も特徴で、iPhoneを他のデバイスと一緒に充電すると、iPhoneがAirPower用のディスプレイになり、滑らかなインターフェイスで各デバイスのステータスが表示されます。

AirPowerの複雑さは、明らかにエンジニアにとって大きな問題となっています。その理由は、発表後1年以上もまだ販売されていないからです。もともと、AppleはAirPowerが「2018年に」利用可能になると言いました。そのため、技術的に期限を逃していない間も、明らかにワイヤーに流れています。

しかし、iPhone XSとiOS 12.1の新しい証拠によると、AirPowerの開発が遅れる可能性はあるものの、AirPowerの開発が続いていることが示唆されています。

iOS 12.1を見ると、AirPowerを使用しているときに表示される充電インターフェイスの管理を担当するiOSのコンポーネントが更新されていることに気付きました。これはAppleがまだこのプロジェクトに積極的に取り組んでいることを意味します。

さらに、iPhone XSに同梱されている「スタートガイド」の図には、AirPowerが明記されています。 「AirPowerやQi認定のワイヤレス充電器の上にスクリーンを向けた状態でiPhoneを置く」と読んでいます。

アップルがプロジェクトを完全にキャンセルしようと計画していたのであれば、まったく新しいデバイスのパッケージに言及していないだろう。

コメント投稿

-Appleニュース

Copyright© スマライフ・インフォ , 2019 AllRights Reserved.